1. TOP
  2. 英会話
  3. 英会話のフレーズ「あなたもね」は英語でどう言えばいいの?

英会話のフレーズ「あなたもね」は英語でどう言えばいいの?

 2019/03/25 英会話
この記事は約 10 分で読めます。 135 Views

みなさんは「あなたもね」を英語でいうとき思いつくフレーズは何ですか?

「あなたもね」を英語で言うとなると、「“You too.”でいいのかな?」と思いませんか?

“You too.”もよく言いますが、会話の文脈によっては他の言い方で「あなたもね」と言わなければいけないことがあります。

そこで今回は文脈によって適切な「あなたもね」が英語で言えるように、状況ごとの英語表現を紹介します。

シチュエーションに合った「あなたもね」を使ってネイティブとの会話を楽しんでくださいね。

 

スポンサードサーチ

別れ際の挨拶で「You too.」と言うシチュエーション

「あなたもね」というケースはいろいろありますが、まずは別れ際で用いられる挨拶表現の返しとしていいましょう。

例えば英語のレッスンが終わって

“Have a nice day.”

「良い1日を」

と友達が言ってくれたとします。

その返事として

“You too.”

「あなたもね」

と言えばいいのです。

この“Have a nice day.”は店員さんやホテルのドアマンなどのサービスに従事している人が、別れ際に顧客に対していう決まり文句とも言えます。

また、週末の別れ際で用いられる挨拶表現と言えば

“Have a nice weekend!”

「良い週末を!」

ですよね。

「Have a nice weekend!」も頭に「You」が省略されているので、本来は「You have a nice weekend!」です。

ですから「あなたもね」と答えるときは「You(Have a nice weekend)too!」となるため「You too」と答えます。

(他の例文)

A: See you, take care.

「またね、気をつけてね」

B: Thanks.  You too.

「ありがとう」「あなたもね」

“How are you?“と聞かれたら”I’m good“と反射的に出ると思いますが、それと同じくらいに“Take care.“と言われたら”Thanks, you too“と返せるようにしてください。

基本的に、別れ際の言うことは決まっているので覚えてしまいましょう。

日本でも年末最後の仕事や会合に参加した後

「よいお年を」

というと思います。英語でも同じように言えるのです。

例えば、

“Have a Happy new Year!”

「良いお年をお迎えください」

と言われたら

“You too.”

「あなたも」

と返せばいいのです。

反射的に言えるといいですね。

 

別れ際の挨拶でもう少し丁寧に「あなたもね」と言いたいケース

“You too.”は覚えたけど もう少し丁寧に返したい場面もあると思います。

そういうときは

“Same to you. ”と言いましょう。“Same to you. ”だけでもよく使いますが、The があるほうがさらに丁寧な ニュアンスになります。

丁寧に言いたいときは

“The same to you. ”

「あなたもね」

と言いましょう。

“You too”でも丁寧に心を込めて笑顔で言えば同じですが、”The same to you.”の方が、どこの誰に向かって言っても通用する恥ずかしくないエレガントな表現です。

親しい間柄でもとても素敵ですし、もちろん目上の方々にも好印象でしょう

一足先に冬休みをとるとき

(例文)

A.So see you next year.

「じゃあまた来年ね」

B.Have a wonderful holiday!

「素敵な冬休みをお過ごし下さい」

A.The same to you.

「あなたもね」

 

否定形でアドバイスされた場合の返事として「あなたもね」と言いたい場合

みなさんはアドバイスされるとき「〇〇しないほうがいいでしょ」と言われたことはありませんか?

例えば“You shouldn’t”「〇〇するべきでない」という否定形を使って

同僚が親睦会や飲み会の席で“You shouldn’t drink too much”「(あなたは)飲みすぎないようにね」と言ってくれたとします。

そういうときに

“You shouldn’t, either.”

「あなたもするべきでありません」と返す表現です。

これは“You shouldn’t drink too much, either”を省略して

“You shouldn’t, either.”

「あなたもね」

と言っているのです。

否定形に対する返事として「あなたもね」と言いたい表現として覚えましょうね。

(例文)

A: You shouldn’t go to the mountains without wearing a scarf, gloves and a hat

「山にいくときにマフラーと帽子と手袋なしで行くべきじゃないですよ」

B: You shouldn’t, either.

「あなたもね」

A: You shouldn’t be rude to your neighbor.

「ご近所さんには失礼がないようにしないとね」

B: You shouldn’t, either.

「あなたもね」

 

倒置構文を使って「あなたもね」と言いたいケース

「あなたは〇〇ね」と言われたときに「あなたもね」と返したい場合はどういえば良いのでしょうか?

例えば会議で結論がでず、数時間にわたって議論をしてしまったような場面で同僚に

“You are tired.”

「あなたは疲れているようだね」

と言われたとします。

“I am tired and so are you.”

「私は疲れているし、あなたも疲れているのよね」

と返すことの出来る表現ですが

“So you are tired,too.”。

「あなたも疲れているのよね」

とも言えます。

こういう場合に倒置構文「So+V+S」で

“So are you.”

「あなたもね」

と言えばいいのです。

(例文)

A: You are such a good person.

「あなたはとてもいい人です」

B: So are you.

「あなたもね」

“So are you.”「あなたもね」というフレーズは

相手に対して尊敬をこめて簡単に言える表現でもあります。

(他の例文)

A: I can’t believe you studied 12 hours in a row.

「私はあなたが12時間も勉強したなんて信じられない」

A: You are so tenacious

「あなたは粘り強いのね」

B: So are you.

「あなたもね」

 

“Nor you.”と言い方は出来るの?

“nor”は“neither”とペアで使われるため“nor you”だけで使われるケースは非常に少ないです。

“nor (should)you”をくだけた表現で「あなたも」と言えると解説しているところがあるようですが、あまり使わない表現なので覚える必要はないでしょう。

ここで“nor”の使い方を確認しましょう。

“nor”で一番見かける形は<neither A nor B>で、「AもBも~ない」という意味になります。

「りんごもみかんも好きじゃない」「ジョンもボブもパーティーに行かなかった」「走ることも歩くこともできない」など、2つの事柄を同時に否定するときに使います。

“nor”は複数使うことも可能です。<neither A nor B nor C>という形です。<neither A, B nor C>とすることもできます。

(例文)

A: What do you think? The blue dress, or the red?

「どう思う?」「青色か赤色の服?」

B: Neither the blue, nor the red.

「青色のも赤色のもないね」

A: What do you think?  The blue dress, or the red, or the green?

「どう思う?」「青色か赤色か緑色の服?」

B: Neither the blue, nor the red, nor the green.

「青色のも赤色のも緑色のもないね」

 

相手が言ったことをそのままお返しする時に使う表現

“likewise“という単語を聞いたことがあるでしょうか?

“likewise”は

「同じく」、「同じように」、「同様に」という意味です。

例えば

“Nice to meet you.”

「初めまして」

“Nice to see you again.”

「もう一回お会いできて嬉しいです」

などと声をかけてもらったとします。

そういうときに

“Likewise.”と返します。

“likewise” は「こちらこそ」と言える表現です。

 

ただ、この表現は少し硬い表現になります。

そのため、あまりお会いしたことがない人と話をする時に

“Likewise.”

とひと言で返すことが多くなります。

逆に言うと仲がいい人同士の場合に

“Likewise”

というのはあまり出てこない表現です。

 

ですから初めて会う人に挨拶する時とか、仕事関係の人に挨拶したときに

“Nice to meet you.”

“Likewise”

と言えば、相手に「自分も同じ気持ちなんだよ」ということが伝わるのではないでしょうか?

“likewise”は「自分も」という意味で使われますが、「あなたも」という意味では使えません。

 

まとめ

いかがでしたか?

ここまで「あなたもね」は英語でどう言えばいいかについてお話ししました。

別れ際の挨拶で“You too.”と言えることがありましたね。

“Have a nice day.”

とか

“Have a nice weekend!”

と言われたときに

“You too.”

と言えばいいんですよね。

もっと丁寧にいいたいときは

“The same to you. ”

でした。

否定形でアドバイスされた場合の返事として「あなたもね」と言いたい場合で

“You shouldn’t drink too much”

と言われたら

“You shouldn’t, either.”

と返答すればいいんですよね。

倒置構文を使って「あなたもね」と言いたいケースで

“You are tired.”

と言われたら

“So are you.”

と言えばいいんですよね。

“nor (should)you”はあまり使わない表現なので、構文<neither A nor B>で、「AもBも~ない」を確認しました。

“Likewise.”は

“Nice to meet you.”と言われたときに

“Likewise.”

と返答すれば良い場面もあるということでした。

でも“likewise”は「自分も」という意味で使われますが、「あなたも」という意味では使えませんでしたね。

「あなたもね」と英語で言いたいとき、会話の文脈によって様々な言い方があるので、例文を参考にしながら反射的に言えるようにしましょうね。

 

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 


毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

友達に追加お願いします!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 「センスいいね!」って相手を褒める英会話フレーズ10選

  • 初心者にも簡単!ネイティブの英会話表現が身に付く英語フレーズ10選!

  • 英語で「以上です!」って何ていうの?ネイティブの表現を例文で紹介

  • 脱・英語学習初心者!楽しくわかりやすく「不定詞」攻略法を紹介

  • 英語で「出発する」は何を使う?ネイティブの使い分けをマスター!

  • 日本語から直訳すると危険な英会話の8つの日常会話表現