1. TOP
  2. 英会話
  3. 「UK」の略語に隠された秘密とは?「イギリス」の英語表記を徹底解説!

「UK」の略語に隠された秘密とは?「イギリス」の英語表記を徹底解説!

 2017/08/30 英会話 海外旅行
この記事は約 6 分で読めます。 3,010 Views

皆さんは、イギリスを表す名称について、

正確に理解されていますか?

 

英語の勉強する時、

アメリカ英語とイギリス英語の違いは意識されることがあっても、

「イギリス」という国を表す英語については曖昧になってはいないでしょうか。

 

いくつもあって複雑なのですが、

知らないと失礼になる場合もあるかもしれませんね。

英語圏の人でも、

そしてイギリスの国民にとっても理解が分かれる場合もあります。

 

大枠を把握できるように、

わかりやすくまとめましたので

是非この際に、スッキリ整理してくださいね!

>>>無料動画で英語を学ぶ<<<

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

Country(独立国)

The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」が

イギリスというcountryの正式名称です。

 

Great Britain「グレートブリテンという島」と

Northern Ireland「アイルランドという島北部」の

United Kingdom「連合王国」

 

*ちなみにIreland島の

その他の地域はIreland「アイルランド」、

またはRepublic of Ireland「アイルランド共和国」

と呼ばれていてcountry(一独立国家)です。

>>>無料動画で英語を学ぶ<<<

 

Nation(国という意味だが、より国民に焦点をあてる)

イギリスを語る上で、

countrynationの違いも

意識しなくてはなりません。

 

まずGreat Britainという島には

England, Scotland, Walesという

3つのnation

 

隣のIrelandという島の北に

Northern Irelandという1つのnation

があります。

 

そう、Englandは一国家の国名ではなく

1nation、イギリスという国を構成する部分の一つなのです。

だから、England(イングランド)=イギリスではありません。

そして、国民はそれぞれのnationをアイデンティティーとしています。

 

You’re from England, aren’t you?

「イングランド出身ですよね」

 

と、スコットランド出身の方に言ってしまうのは、

日本人のあなたに、

「中国から来ましたよね?」と言われるくらい違うようです。

 

私たちの感覚だと、東北地方と関東地方の違いくらいかな、

と思いそうなので、

ここは少しデリケートなところであると、覚えておきましょう。

>>>無料動画で英語を学ぶ<<<

 

イギリスの通称

The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

つまりイギリスは、「The United Kingdom」または「Great Britain」と省略されます。

さらに、「The United Kingdom」は「UK」と省略されます。

アメリカがUSと呼ばれるのと同じ感覚ですね。

実はこれは英語圏の中でも

認識が曖昧な方も多いようです。

例えば、

I am from UK.

「イギリスから来ました」

というと、

I thought you were from England.

「イングランドから来たと思っていたよ」

 

と、英語圏であっても、England(イングランド)は

UK(イギリス)の一部と知らず、

別の国のように誤解されている方もいます。

しかも話し手は UKとしか言っていないので、

England出身かもまだ定かではないですね。

>>>無料動画で英語を学ぶ<<<

 

「Great」は「素晴らしい」ではない?!

さて、イギリスの通称のGreat Britainと聞くと

「偉大なイギリス」「素晴らしいイギリス」という意味?

と思うかもしれませんが、

これは古代ローマ人が作った名前です。

 

その時代、「けっこう大きい島」として、

Great Britain、現在のグレートブリテン島

 

そして、「ちょっと小さめの島」として

Lesser Britain、現在のアイルランド島

と2つのBritainがあったのです。

 

ちなみに中世の時代には

フランスのブルターニュに多くのイギリス人が移民したので

そちらがLesser Britainと呼ばれていました。

現在はLesser Britainは存在しません。

つまり、Great BritainGreatは「素晴らしい」ではなく、

「大きい」を意味している、ということですね。

>>>無料動画で英語を学ぶ<<<

まとめ

イギリスを表す言葉についてご説明致しましたがいかがでしたでしょうか?

整理すると、

イギリス、The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

「(The) United Kingdom

Great Britain」「UK」と省略される。

Great Britainという島にはEngland, Scotland, Walesという3つのnation

隣のIrelandという島の北にNorthern Irelandという1つのnation

トータル4nation合わせて

イギリス=The United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandというcountry

とご理解いただけましたか?

 

ただし、イギリス国内でも

Great Britainは北アイルランドを含まないと考える人も少なくありません。

 

なかなかに複雑ながら、

一旦整理できれば、今後のニュースなどを見る機会にもより正確に把握できるなど、

教養として役立ちます。

 

これを機会にご興味あれば歴史的背景なども掘り下げて勉強されると、

より理解が深まって面白いと思いますよ!

 

また、こちらに

英語を上達する方法をまとめましたので、

よろしければ、ご覧になってくださいね。

>>>無料動画で他の表現も見る<<<

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 英語で「意地悪」はどう言う?ネイティブも使う5つの表現を例文付きで紹介!

  • 「気分が悪い」は英語で?ネイティブが使う表現を例文付きで解説!

  • フォーマルな状況やビジネス英語で使うのを避けたい子供っぽい5つの英語表現

  • 「そろそろ失礼します」を英語でどう言う?英会話で役立つ8つの例文

  • 意外と知らない?!”Do”を使った7つの便利なフレーズ

  • almostとmostの違い!英語で「ほとんどの」を表す言葉を正しく区別