1. TOP
  2. 英会話
  3. 海外旅行、留学、海外赴任に知らないと損する世界のタブー7選

海外旅行、留学、海外赴任に知らないと損する世界のタブー7選

 2019/07/21 英会話 海外旅行
この記事は約 5 分で読めます。 7,186 Views

今や、グローバルな時代、

世界は狭くなっています。

世界の人々とのコミュニケーションは

共通言語(英語)を通してできますが、

 

本当の意味での

コミュニケーションとは、

言葉を超えて

相手の国の文化・習慣を

より理解するところから始まります。

 

来日した外国人が

畳の部屋に靴であがったら・・・

お風呂の水を抜いたりしたら・・・

たまりませんよね。

 

「もっと、日本を勉強しろ!」なんてね。

訪問した国の文化、

習慣を知ることで、

大きなトラブルも回避され、

よりコミュニケーション

出来る人になれます。

 

 

特にトラブルを回避するには

「してはいけないこと」

「言ってはダメなこと」

であるタブー(英語でもtaboo)を

知っておくことが重要ですね。

 

英語のtabooという単語

他にno-no

frowned upon「よろしく思われない」

という表現も使うので頭に入れておきましょう。

 

今回は国別に有名な

「避けたいタブー!」を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

アメリカでのタブー:トイレのドアはノックしない!

アメリカのトイレのドアは

下が3分の1程開いています。

映画でもよく見る場面ですよね。

 

つまり、外から中に入っている人の足が見える訳です。

中に入っていることを確認しないでドアをノックしたら、

「まだなの?」「早く出て」の催促と取られます。

ケンカを売るようなものです。

ノックはしないでおきましょう。

 

オランダでのタブー:「コーヒーショップ」は行かない!

オランダは大麻が合法です。それも「コーヒーショップ」で

マリファナを吸ったり買ったりできるのです。

怖いですね。

 

日本人感覚で、ちょっとお茶をしたい時は

「コーヒーショップ」ではなく

「カフェ」を選んでください。

「カフェ」に入りましょう。

 

 

インドでのタブー:「ゴミ出し」を手伝わない!

私達日本人は、

気遣いでゴミをだしたり

靴を揃えたりしますよね。

 

でも、長い間カースト制度が存在したインドでは

家政婦がするものなのです。

 

そういう考え方が深く残っています。

ゴミは自分では出さないようにしましょう。

 

スペインでのタブー:黄色の服は着ない!

スペインでは黄色に良いイメージを持っていません。

これは中世の頃から

金でキリストを裏切ったユダヤ人を象徴する色として

罪人の服の色を黄色にしているからです。

彼らにとっての

「虚像、卑劣、裏切り」の色の洋服。

黄色は着ない方がいいですね。

 

モンゴルでのタブー:足を踏まない!

モンゴルでは、足を踏むことは決闘を意味します。

もし、間違えてふんでしまったら

すぐに握手して敵対心がない事を伝え

あなたの友情を示しましょう。

 

イスラム諸国では:頭に触れてはいけない!

可愛い子供を見ると、つい頭を撫でてあげたくなりますよね。

でも、ここイスラム諸国では頭に触れてはいけません。

絶対神のアラーに一番近い場所が頭だとされているからです。

だから、頭は神聖な場所でここに触れると神への冒涜とみなされます。

可愛い子がいても頭には絶対触れないでください。

 

サウジアラビアでは:女性の撮影は禁止!

サウジアラビアの女性は、

男性の判断を狂わせないようにと

頭から足までアバヤという黒い衣装を身にまといます。

そんな彼女達を写真に撮る行為は女性を誘惑する行為に匹敵します。

写真は禁止です。

 

まとめ

いかがでしたか?

まずは、訪問先の国の文化、習慣、そして宗教を知って

犯してはいけないタブーを受け入れた上での

コミュニケーションを心掛けると、より親密度が深い

お付き合いが出来るとおもいます。

 

もう一度おさらいをしておくと・・・

アメリカでのタブー:トイレのドアはノックしない!

オランダでのタブー:「コーヒーショップ」は行かない!

インドでのタブー:「ゴミ出し」を手伝わない!

スペインでのタブー:黄色の服は着ない!

モンゴルでのタブー:足を踏まない!

イスラム諸国では:頭に触れてはいけない!

サウジアラビアでは:女性の撮影は禁止!

ということでしたね?

 

お互いが理解を深め少しでもスムーズな

コミュニケーションを広げていきたいですね。

 

今回はタブーについて紹介いたしましたが、

異文化理解のためにこちらの記事もオススメです。

よろしければ、ぜひご覧ください。

直訳英語になっていませんか?失言や誤解を招く要注意フレーズ6選

この記事を読み終わりましたら、

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

友達に追加お願いします!

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • フォーマルな状況やビジネス英語で使うのを避けたい子供っぽい5つの英語表現

  • 英語で「写真撮ってください」「写真を撮りましょうか」ってどう言うの?海外旅行や道案内に使える英会話フレーズ】

  • 「このぶどうの皮は食べられますか」は英語で?

  • 「美味しい」を英語で表すとdeliciousじゃない?!「美味しい」を表す英会話表現を解説

  • 3つの基本動詞“do” “say” “see”で攻略、英語の簡単な表現

  • 海外ドラマや映画で頻出!英会話で耳にするネイティブが使う悪口などのスラング表現20