1. TOP
  2. 英語勉強法
  3. NHK WorldのGRAND SUMO Highlightsで相撲の実況中継を見て英語を勉強しよう

NHK WorldのGRAND SUMO Highlightsで相撲の実況中継を見て英語を勉強しよう

 2018/10/23 英語勉強法 発音・リスニング
この記事は約 9 分で読めます。 693 Views

相撲の取り組みを英語の実況で聞いたことはありますか?

日本が誇る伝統文化『SUMO』は

豪快なスポーツとして海外でも非常に人気が高いです。

 

土俵の上も国際色が強くなってきましたね。

平成になって以来、関取まで進んだ

外国人力士はなんと61名もいるそうです。

 

そのため、

両国国技館では場内で販売されている

パンフレットは日本語と英語で

併記されるようになったといいます。

 

実況も英語で聞けるようになったので

英語の実況解説を聞きながら

『SUMO』を見ると

表現力が豊かになりますよ。

 

相撲ファンの英語学習者なら

NHKが全世界に発信する英語チャンネル、

NHK Worldの「GRAND SUMO Highlights」がおすすめです。

前日のハイライトが毎日25分間放送され、

『オンデマンド』なら好きな時に繰り返し見ることができます。

 

今回は、相撲の実況を英語で聞くときの

ポイントをお伝えしたいと思います。

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの更新情報を受け取る■■■

友だち追加

 

 

 

LINEでブログの最新記事の

更新情報を受け取ることができます。

>>こちらから登録する<<

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!

 

 

おもな相撲の「決まり手」を確認しよう!

22/69

GRAND SUMO Highlights』の番組HPを見ると

The Techniques of Sumo「相撲の決まり手50」を

動画で一つ一つ丁寧に解説しています。

取組の半分以上が2つの「決まり手」で決まります。

ですから主な「決まり手」の英語表現を知っておけば

『SUMO』を英語で聞いても理解できると思います。

 

平成27年度の1月場所から

平成28年度の11月場所までの

全12場所・約3600の取組の決まり手です。

 

ここでおもな「決まり手」

Top 10を紹介します。

>>今なら体験無料「スパルタ英会話」<<

Sumo Wrestling Techniques Top 10

 1. Yori-kiri Frontal force out「寄り切り」

1位は「寄り切り」の32.4%。

全取組の約3分の1が「寄り切り」で決まっています。

 

 2. Oshi-dashi Frontal push out「押し出し」

第2位は「押し出し」の20.9%。

なんと1位と2位の「寄り切り」「押し出し」で、

全取組の半分以上が決まっているんです

 

 3. Hataki-komi  Slap down「はたき込み」

第3位は「はたき込み」の7.8%。

これを加えると約6割の取組が、

TOP3の「決まり手」で勝負を決しています

 

そして、約85%の取組がトップ10までの「決まり手」で、

約97%の取組がトップ20までの

「決まり手」で決まっています。

 

ということは、「決まり手」

82手のうち上位20手を知っていれば、

英語の実況解説も日本語の実況解説と

同じような感覚で聞くことが出来ます。

素早く展開する実況解説で、

英語の理解において重要な瞬発力をつけましょう。

ちなみに第4位から第10位は以下のとおりです。

 

 4. Tsuki-otoshi Thrust down「突き落とし」

 5. Uwate-nage Over arm throw 「上手投げ」

 6. Tsuki-dashi  Frontal thrust out「突き出し」

 7. Oshi-taoshi  Frontal push down「押し倒し」

 8. Hiki-otoshi  Hand pull down「引き落とし」

 9. Yori-taoshi  Frontal crush out「寄り倒し」

10. Okuri-dashi Rear push out「送り出し」

>>今なら体験無料「スパルタ英会話」<<

決まり手で動詞、副詞の用法を身に付けよう!

_IGP3596

押し出し

「押し出し」はFrontal push out、「押し倒し」は

Frontal push downといいますが、

そこからpush out「押し出す」、

push down「押し倒す」などと、

動作を表現する際の、

動詞と副詞の使い方の勉強になります。

 

例えば「押し出し」の技の説明は

動画(The Techniques of Sumo)を見ると

次のように解説しています。

 

Oshi-dashifrontal push out

This is another fundamental technique,

the wrestler uses his strength to push hard against the

opponents upper body to force him out of the ring.

「これは基本的な技の1つで、

力士は相手の上半身に対して力で強く押し、

リングの外へ出します」

 

はたき込み

また「はたき込み」は

相手を叩いて土俵につかせることなので

slapと表現します。

 

slapというのは「叩く」という意味ですが

これだけではどの方向に

叩いているのかわかりません。

 

そこで「相手を下に向かって叩く」ことから

down on をあわせて使うことで

「はたき込み」を表現することが出来ます。

 

(例文)

Hatakikomi is slapping an opponent down on to the dohyo.

「はたき込みは相手を叩いて土俵につかせることです」

 

「はたき込み」の技を

次のように説明することもできます。

Hatakikomia technique where you slap your opponent down,

making him lose his balance and fall.

「はたき込み - この技は相手を叩き落とし、

バランスを崩して転ばせることです」

 

引き落とし

「引き落とし」は相手を引いて土俵につかせることです。

「相手を引く」というのはpull an opponentと表現できます。

「土俵に向けて下にひく」は「はたき込み」の説明でもでてきた

down on to the dohyoという表現を使いましょう。

土俵はringでも良いですが

ここではdohyoとしておきます。

 

(例文)

Hikiotoshi is pulling an opponent down on to the dohyo.

「引き落としは相手を引いて土俵につかせることです」

 

上手投げ

「上手投げ」は投げる決まり手なので

throwを使って言うことが出来ます。

overarm throwというのは

「オーバースローで投げること」なので

この表現を使って説明しましょう。

(例文)

Uwatenage is throwing an opponent with an overarm throw.

「上手投げは、上手で相手を投げることです」

 

下手投げ

こちらは容易に推測できるでしょう。

「下手投げ」は「上手投げ」の反対なので、

下手で相手を投げることです。

 

underarm throwは「アンダースローで投げること」

なのでこの表現を使って説明できます。

 

(例文)

Shitatenage is throwing an opponent with an underarm throw.

「下手投げは下手で相手を投げることです」

>>今なら体験無料「スパルタ英会話」<<

 

まとめ

いかかでしたか?

相撲の技トップ10は英語で言えるようになりましたか?

  1. Yori-kiri Frontal force out「寄り切り」

  2. Oshi-dashi Frontal push out「押し出し」

  3. Hataki-komi  Slap down「はたき込み」

  4. Tsuki-otoshi Thrust down「突き落とし」

  5. Uwate-nage Over arm throw 「上手投げ」

  6. Tsuki-dashi  Frontal thrust out「突き出し」

  7. Oshi-taoshi  Frontal push down「押し倒し」

  8. Hiki-otoshi  Hand pull down「引き落とし」

  9. Yori-taoshi  Frontal crush out「寄り倒し」

  10. Okuri-dashi Rear push out送り出し」

でしたよね。

 

英語の実況解説で相撲を見る機会は

あまりないかもしれませんが

予備知識があると素早く展開する

実況解説を英語で理解することもできます。

 

日本が誇る伝統文化『SUMO』を

世界の視聴者と同じ目線で見るのもいいですね。

 

あとは番組HPSumopediaもおすすめです。

相撲の歴史やしきたりに関する豆知識を知ることが出来ます。

 

またForeign-Born Rikishiという動画では

モンゴル勢以外の外国人力士の紹介もありますし

懐かしいい映像も見ることが出来ます。

英語の瞬発力を身に付けて

SUMO』を観戦しましょう。

 

今回はNHK WorldのGRAND SUMO Highlights

を見て英語を勉強する方法をお伝えしましたが、

より表現力をつけるためには

こちらの記事を併せてご覧になることを

オススメします。

英語の映画やドラマで頻出!英会話で耳にする悪口や相手をけなすスラング表現20


毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの更新情報を配信■■■

友だち追加

 

 

 

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 初心者からのオンライン英会話、学習効果を上げる効率的な3つの予習の仕方

  • 失敗しない幼児英語教育はこれ!親子で楽しく実践できる簡単英会話フレーズ

  • 「聞き流し」は効果なし?英会話初心者を卒業する2つの簡単ステップ

  • フォニックスからはじめよう!発音だけじゃないフォニックス学習の効果

  • 海外ドラマや映画でリスニングがオススメ!効果的な英語学習方法を紹介

  • リスニング力アップのための英語のリンキング(リエゾン)3つのルール