1. TOP
  2. 英文法
  3. 英語初級者でも9分でマスター、現在分詞を優しく解説

英語初級者でも9分でマスター、現在分詞を優しく解説

 2019/06/14 英文法
この記事は約 9 分で読めます。 1,176 Views

ひたすら踊り続ける

アメリカのおもちゃ”

The dancing baby original”

を知っていますか?

 

普通の赤ちゃんからは

想像つかないようなユーモラスな

ダンスをするおもちゃで、

見ているとつい笑ってしまうほど可愛いのです。

 

この名前の”dancing”は

ただの”dance”ではなく、

ing形になっていますよね?

 

ing形にすることで、

何かを「し続けている」

というイメージを与えます。

 

そこで今回は、

この「現在分詞」の使い方を

お伝えしたいと思います!

 

 

ちなみに、

現在分詞とは異なる

「動詞+ing形」の

動名詞もありますよね?

 

この二つは、

文章の機能に違いがあるんですが、

今はそれだけ頭に入れておいてくださいね

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

現在分詞の使い方

sleeping

現在分詞は名詞の前や後に置いて

説明を加えます。

次の例文を一緒に見てみましょう。

 

名詞の前に置いて説明する場合

Look at the sleeping dog.

「あの寝ている犬を見てください」

 

この場合、

現在分詞の”sleeping”が

名詞の”dog”を説明しているので、

名詞dogの前に位置していますね。

 

名詞の後に置いて説明する場合

Look at the dog sleeping in the kennel.

「犬小屋で寝ている犬を見てください」

 

こちらはどうでしょうか?

“sleeping””in the kennel”

一緒に名詞のdogを説明しているので、

dogの後ろに位置しています。

 

現在分詞の具体例

それでは、

ing形を使った表現を

もっと具体的にみていきましょう!

 

Please look at the sleeping baby.

「その眠っている赤ちゃんを見てください」

 

He smiled when he saw the sleeping baby.

「彼はその眠っている赤ちゃんを見てほほ笑んだ」

 

せな気持ちになる文章ですね!

 

 

では、次に”running water”を

使った表現をみてみましょう。

 

“running water”と聞くと

どんな水をイメージしますか?

 

そうです、

これは「水がずっと流れている」

というイメージですね。

 

Does this room have hot running water?

「この部屋はお湯が出ますか?」

 

では、”dancing girl”だとどうでしょうか?

 

“The Dancing Girl” by Mori Ogai was published in 1890.

「1890年に出版された「舞姫」の作者は森鴎外です」

 

この場合は、ずっと踊っている少女というより

「プロの踊り子」、つまりダンサーのことですね。

 

では、さらに定着させるために

別の例文をもっとみていきましょう。

 

「溶けていく雪」はどのように表現しますか?

溶ける=meltなので、もうお分かりですね!

そう、”melting snow”です。

このmelting snowは、

水雪や雪解けも意味します。

 

I touched the melting snow.

「溶けていく雪を触ったよ」

 

子供たちは雪が降ると喜んで雪だるまを作りますよね!

しかししばらく置いておくと溶けちゃいますね。

そんな時は、

 

Wow! That’s a melting snowman.

「わぁ!雪だるまが溶けかかってるよ」

 

と子供たちが言うでしょうね。

また、そんな子供たちに

 

A winter fairy is melting a snowman.

「(冬の)要請が雪だるまを溶かしているんだよ」

 

というと、子供たちの想像力の翼を

さらに広げることができそうですね。

 

CMで使われている木村カエラさんの

可愛らしい冬ソングのタイトルでもありますね。

 

次に、”a singing woman”は「歌っている女性」ですね。

 

That woman singing on the stage is my friend.

「ステージの上で歌っているあの女性は私の友人です」

 

The girl singing merrily is my sister.

「楽しそうに歌っている女の子は私の妹です」

 

と”singing”を名詞の後にもってくることで、

「歌っている女性(女の子)」と表現することができます。

 

 

次に、”a walking man”をみていきましょう。

 

“walking”はご存知の通り、「歩く」のing形ですね。

なので、

 

The walking man is our teacher.

「歩いているその男性は私たちの先生です」

 

みなさんは、

「Dead Man Walking」という

1995年に公開されたアメリカ映画を知っていますか?

 

死刑廃止論者である修道女

ヘレン·プレジャンの

ノンフィクション映画です。

まだ観ていない方は

ぜひ一度見てみてくださいね。

 

この映画の中でとても印象的なのが、

次のフレーズです。

 

We’ve got a dead man walking here

「死刑囚のお通りだ」

 

“Dead man walking”

と看守が繰り返し言っている場面で、

記憶に残っている人も

多いシーンですね。

 

最後に

「動名詞」と「現在分詞の違い」

についておさらいしましょう。

 

動名詞と現在分詞の違い

原形:sleep

動名詞:sleeping

現在分詞:sleeping

 

現在分詞は、

名詞を説明」するので

形容詞的ですが、

 

動名詞

名詞的である

といえますね。

 

現在分詞の場合は、

The girl cooking in the kitchen is my daughter.

「台所で料理をしている女の子は私の娘です」

 

と、名詞girlを説明しているので

形容詞的ですね。

 

 

動名詞の場合は、

I like cooking.

「私は料理をすることが好きです」

 

と”cooking”は

「料理をすること」という

名詞になりますね!

 

使い方の違いは、

お分かりいただけましたか?

さらにいくつか例文をみてみましょう。

 

Watching TV all day long is not good for him.

「一日中テレビを見るのは彼にとって良くない」

 

この場合、どの部分が

主語にあたるかお分かりですか?

 

そうです、

“Watching TV all day long”が

主語となるんですね。

 

まとめ

現在分詞の使い方、

いかがでしたでしょうか?

早速使えそうな例文やフレーズは

見つかりましたか?

 

ここで、もう一度

「動詞+ing形」の現在分詞を使った表現を

一緒に復習しましょう。

 

A sleeping baby 「寝ている赤ちゃん」

A running water 「流れている水」

A dancing girl 「踊っている女の子」

 

melting snow 「溶けている雪」

A singing woman 「歌っている女性」

A walking man 「歩いている男性」

 

ドラマや映画のフレーズ、

歌の歌詞などによく出てくる表現は

覚えておくと日常会話でも使えて、

ネイティブの方との会話も弾みますね!

 

会話は言葉のキャッチボールなので、

映画などの話しやすい話題から入ると

お互いに気を遣うことなく

楽しい時間が過ごせますよね。

 

これからもワンランク上の英語力で

会話そのものを楽しみましょう!

 

今回は「現在分詞」を

解説しましたが、

文法力をアップさせるために

他の記事もぜひ併せてご覧ください。

 

■canとbe able toの違いは?

あなたは分かる?!canとbe able toの違いと使い分け! 「~できる」の英語表現をマスターしよう!

■willとbe going toの違いは?

中学英語で英会話、英語で「未来」を表す方法!willとbe going toの違い!

この記事を読み終わりましたら、

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

LINEでブログの最新記事の

更新情報を受け取ることができます。

>>こちらから登録する<<

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 【高校英語の復習】助動詞「could」の7つの表現方法を例文付きで徹底解説!

  • ネイティブ感覚の英語表現を比較!「is not」と短縮形「isn’t」の違いは?

  • I think soだけではない、英単語soの便利な5つの使い方

  • 英語の接続詞の感覚は日本語と同じ!? 接続詞を活用して大人の英文に!

  • ネイティブみたいに使いこなそう、基本動詞 “make”の使い方

  • 子供っぽい英文が大人の英文に? 12分でわかる不定詞の3つの働きを徹底解説!