1. TOP
  2. 英会話
  3. deliciousだけじゃない?「美味しい」を英語で伝える英会話表現12選!

deliciousだけじゃない?「美味しい」を英語で伝える英会話表現12選!

 2019/12/02 英会話
この記事は約 10 分で読めます。 8,102 Views

英語で「美味しい!」と言えば

“delicious”が定番フレーズですよね。

 

日常生活では友達と出かけり、

デートでレストランに行ったり

家で家族とご飯を食べたり、

毎日のように人と食事するシーンがありますが、

そんなとき「美味しい」と言うのが

“delicious”のワンパターンだけに

なってしまっていませんか?

 

今回は、食事の場面で知っておくと便利な

「美味しい」の表現を12個ほどご紹介します!

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

友達に追加お願いします!

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

It’s good.(美味しいですね)

え、これだけでいいの?

と思われるかもしれません。

実は「美味しい」というとき

英語のネイティブが最もよく使う表現が

この“Its’ good.”です。

 

口語ではよりシンプルに

“good”を使って「普通に美味しいね」

と感想を伝えることも多いです。

 

It’s so good.

(とても美味しいですね。)

 

同様に「素晴らしい」という意味で

“great”“nice”を使って表現することも

できます。

Do you eat this pasta? It’s great!

(このパスタ食べた?素晴らしいよ!)

 

 

Yum!(うまっ!)

最近、SNSなどで

美味しそうな料理と一緒に

”Yummy”という単語が

使われているのを

よく見かけますね。

 

ですが、実際の英会話で

この流行にのって

“Yummy!”なんて言ってしまうと

少し恥ずかしい思いをしてしまうので

ご注意を!

 

“yummy”は「美味しい」

というときに使う表現で

間違いではないのですが、

 

どちらかというと

子供が使うくだけた英語です。

なので意訳すると「おいちー!」

という感じですね。

 

確かに口語では大人でも、

特に女性は使う事はありますが、

場面を考えて使うのが良いでしょう。

 

“Yum”は、見た通り”Yummy”

を短縮した言い方で

日本語で言うと

「うまっ」に近い表現になります。

 

Yum! This cake is good! 

(うまっ!このケーキおいしー!)

 

また、食べる前に

料理を目の前にして“Yum yum!”

という場合には「おいしそう!」

というニュアンスがあるので

表現として

覚えておくといいでしょう。

 

It’s delicious.(美味しいです)

冒頭にも話したように

「美味しい」というとき

一番多くの人が思い浮かべる

表現ではないでしょうか?

実際には「とても美味しい」

「感動する美味しさだ」という

かなり強調された意味を表しています。

 

若干固いイメージなので、

もし家でお菓子を食べているときや

ファストフード店に行って

“It’s delicious!”と言うと、

少し大袈裟な

違和感のある表現になってしまいます。

 

ビジネスの会食の場や、

高級レストランなどで

食事に満足したことを

礼儀正しく伝えたり、

「美味しい」という感想を

強調したりする時に使うと良いでしょう。

 

This soup is delicious! I like it.

(このスープはとても美味しいです!気に入りました)

 

 

It’s tasty.(美味しいですね)

”tasty”“delicious”同様

「美味しい」という意味の表現ですが、

美味しさの度合いでいうと

断然“delicious”の方が上です。

 

“tasty”は「味」という意味の

“taste”の形容詞なので

「風味がある」「味がいい」

というようなニュアンスがあります。

 

味わいが特に印象的な時に

使うと良いでしょう。

 

ちなみに甘いデザートには

こちらの表現は使われないので

注意しましょう。

 

This ice tea is very tasty.

(このアイスティーはすごく美味しいね。)

 

 

It tastes good!(美味しいです!)

“taste”は動詞だと

「味わう」という意味です。

 

こちらもよく使われる

便利な表現なので

覚えておくとよいでしょう。

“It”の部分を食べ物や

飲み物の名前に置き換えて

使うこともできます。

 

This bread tastes  good!

(このブレッドおいしいね!)

 

I love it!(私これ大好き!)

食事をしていて

美味しくて感動したときには

「わあ美味しい!これ好き!」

と言ったりしますよね。

 

これもシンプルで使いやすいので

食べてみて美味しかった、

という時には

“I love it.”

と表現するのも良いでしょう。

 

 It’s my first time to eat Sushi, but I love this!

(お寿司は初めて食べたけど、私これ大好き!)

 

 

It melts in my mouth.(口の中でとろける~)

日本語でも食レポなどで

「口の中でとろける~」

という表現がたびたび使われますよね。

 

柔らかい食感でコクのある味を表現したい、

というときに

ぴったりのフレーズです。

 

This beef is so tender. It melts in my mouth!

(このビーフすごく柔らかいよ。口のなかでとろけちゃう!)

 

This is so authentic.(とても本格的な味だね)

この英語を聞くのは初めて

という方も多いのでは

ないでしょうか?

 

“authentic”

「本物の」「確かな」という

意味の単語です。

 

なので“so authentic”

「とても本格的な味だ」

という表現になります。

 

多国籍を食べた時など

「本場の味に忠実だね!」と言いたい

ときに是非使ってみましょう。

 

This curry is so authentic. I want to know how to make it.

(このカレー、凄く本格的な味だね。どうやって作ったのか知りたい。)

 

I can eat this all day long!(一日中食べてられるよ!)

直訳すると

「一日中食べられる!」

という意味です。

なんとなくニュアンスは

伝わるでしょうか?

そう、

(その味が気に入ったので)

一日中でも食べていられるくらい好き!

ということですね。

実際に一日中同じものを

食べていられる、という意味ではなく

ある意味比喩的な表現です。

”It’s tasty””I love it”

合わせて使っても良いでしょう。

 

It’s so tasty! I can eat this all day long!

(これ本当に美味しい!一日中でも食べてられるよ!)

 

 

I enjoyed it.(とても美味しく頂きました)

”enjoy”と聞いて

まず思い浮かべるのは

「楽しむ」ですよね。

実は”enjoy”には

「味わう」「満喫する」

という意味もあるんです。

「美味しく頂きました」

という食事の感想を言うのに

便利な表現です。

 

I enjoyed the steak very much.
(ステーキをとても美味しく頂きました。)

 

That was a wonderful meal.(素晴らしい食事だったよ。)

「大満足!」「とても美味しかった」

と、感嘆の意を込めて

食事の感想を伝えるときに

便利なフレーズです。

 

「素晴らしい食事だったわ」

という意味ですね。

もちろん、”a meal”

”a dinner”に置き換えて、

”That was a lovely dinner.”(とても素敵なディナーだったわ。)

と言うこともできます。

 

Thank you. That was a wonderful dinner.
(ありがとう。素晴らしいディナーができたわ。)

 

 

That was the best 〜 I’ve ever had!(〜は今まで食べた中で一番美味しかった!)

こちらは食事以外でも使える

「今までで一番~だった」

という時の表現。

 

「今まで食べた中で一番美味しかった!」

というと少し大袈裟な感じがしますが

具体的な料理名に対して言えば

使えるシーンはたくさんありますね。

 

料理の中でも、

特に美味しかったものを

強調して褒めたい時、

このフレーズを使ってみましょう。

 

That was the best apple pie I’ve ever had!
(今まで食べた中で、一番のアップルパイだったよ!)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

どれも簡単なフレーズばかりで

物足りなさを感じたかもしれません(笑)

 

ですが、日常会話のほとんどは

シンプルな英語でできてしまうんです。

 

それが分かると、英会話への苦手意識も

克服できますね。

 

今日覚えたフレーズをたくさん使って

英会話に役立ててくださいね。

 

本日は美味しいを表すフレーズを

紹介しましたが、

さらに表現力をつけるために

こちらの記事もオススメです。

併せてご覧ください。

 

■英語の「あいづち」35選

ネイティブも使う英語の「あいづち」の基本33選

 

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

友達に追加お願いします!

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 「大変ですね」 は英語で? ネイティブがよく使う5つのオススメ英会話表現の意味を例文付きで解説

  • 英語初心者必見、基本動詞takeを使った10個の基本フレーズ

  • 海外ドラマや映画を字幕抜きで見るのに役立つ、日常英会話表現が身に付く英語フレーズ10選!

  • 【中学英語で英会話】例文付きで解説!:「~はどうですか」は英語で「How about~?」じゃない?!

  • 手紙や英文メールで役に立つ!英語で「やる気」を表す7つの表現とは?

  • almostとmostの違い!英語で「ほとんどの」を表す言葉を正しく区別