1. TOP
  2. 英会話
  3. See you again.は大袈裟すぎ!?「さようなら」を表す7つの英語のあいさつ

See you again.は大袈裟すぎ!?「さようなら」を表す7つの英語のあいさつ

 2018/11/14 英会話
この記事は約 5 分で読めます。 5,482 Views

See you again.」ですが、

実は「永遠の別れ」のニュアンスを含んでいるとご存知でしょうか?

 

もしかしたら、

ビックリされる方もいらっしゃるかもしれません。

簡単な挨拶ですが、ネイティブ相手にうっかり使ってしまうと、

相手は大変驚きます。

 

今回はこの「See you again.」のニュアンスをしっかり説明して、

<See you〇〇>で表す

他の「さようなら」の表現もご紹介したいと思います。

 

絶対に使う挨拶の言葉だけにしっかり押さえておきたいですね!

ぜひ参考にしてくださいね。

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

日常会話に役立つ

英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

>>加藤なおしのメルマガはこちらをクリック<<

 

■■■このブログの更新情報を受け取る■■■

友だち追加

 

 

 

LINEでブログの最新記事の

更新情報を受け取ることができます。

>>こちらから登録する<<

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!


 

See you again.

See you again. は別れの挨拶ですが、

「またどこかでお会いできたらいいですね」と言いながら、

もうお会いすることはないでしょうけど…というニュアンスを含んでいます。

「お元気で」「達者でね」という訳がしっくりきますね。

 

飛行機で出会って話した隣の席の人との別れ際にSee you again.

と挨拶したことがありますが、基本あまり使うことがないと言っても過言ではありません。

 

明日も会う学校の友達や会社の同僚に「じゃ、またね~」という時に

See you again.

というと驚かれます。

「引っ越すの?」「辞めるの?」と心配されそうですね。

 

ただ、「再会」を意味するときはこの表現も使います。

例えば、

It’s nice to see you again.

「また会えて嬉しいです」

I couldn’t wait to see you again.

「再会が待ち遠しかったわ~」

という場合ですね。

>>>別の表現を動画で解説をみる<<<

 

その他の「さよなら」

そもそもSee you.とは

I’ll see you.「私は(未来に)あなたに会う」の略です。

そのままSee you.でも「じゃあね」と使えますが、結構カジュアルです。

すぐまた会う人にいう一般的な言い方はというと、

See you later.

「じゃあまた後で」

という表現が多く使われます。

少しの違いですが、again「再び」とするのか

later「あとで」とするのか、

ニュアンスは大きく異なってくると言う訳なのです。

 

数日後であれば、

See you soon.

「じゃあ、またね」

 

具体的に日が決まっていれば

See you tomorrow.

「また明日ね」

See you on Friday.

「じゃあ金曜日にまたね!」

 

時間や場所まで決まっていれば

See you tomorrow here at 10.

「じゃあ、明日の10時にここでね」

 

しばらく会えない場合は

See you again sometime!

「しばらく会えないけどお元気で」

 

このように、<See you + 時> で表現されます。

 

だから返答するときは、

See you then.

「じゃあ、その時に」

というのが自然な表現です。

>>>別の表現を動画で解説をみる<<<

 

まとめ

今回は英語で「さようなら」の表現を

See you again.の使い方の見直しから

ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

要点をもう一度整理すると

See you again.」は別れの挨拶ですが、

もうお会いすることはないでしょうけど…

というニュアンスを含んでいて、

基本あまり使うことがない表現だということ。

一般的には

See you later.

See you tomorrow.

などを使い、

<See you +時>で使い分けができるということでしたね。

 

今回はSee you.に焦点を当てましたが

Goodbye.Take care.

など様々な表現がありますね。

See youを使いこなしながら会話の中で

ワクワク学んでいってくださいね。

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

日常会話に役立つ

英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

>>加藤なおしのメルマガはこちらをクリック<<

 

■■■このブログの更新情報を受け取る■■■

友だち追加

 

 

 

LINEでブログの最新記事の

更新情報を受け取ることができます。

>>こちらから登録する<<

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!


この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • How are you? だけじゃない!? 超便利な疑問詞「How」の紹介

  • 英語で「残業」は何ていうの?働き方にまつわる表現をマスター!

  • 喜怒哀楽が一言で伝わる!感嘆文の作り方と“what”と”how”の使い分け!

  • 英語の「and so on」は日本語の「〜など」ではないって知っていましたか?

  • 【目指せネイティブ英語】「よく知っている」を表すwell/a lot/muchの使い分け

  • 英会話初心者必見!willとbe going to のニュアンスの違いと使い分け!