1. TOP
  2. 英単語
  3. 英語で「給料」は?
3つの英単語「salary」「wage」「pay」の表現の違いを例文付きで解説!

英語で「給料」は?
3つの英単語「salary」「wage」「pay」の表現の違いを例文付きで解説!

 2019/09/03 英単語
この記事は約 4 分で読めます。 5,458 Views

「給料は英語で何ていうでしょう!?」

と聞かれたらどう答えますか?

 

サラリーマンっていうから、salaryかな?

と答える方は多いかもしれませんね。

 

実は、給料の英語表現は、

salary, wage, payという3つの単語があります。

 

今回、それぞれの違いをご紹介しますので、

曖昧な方はぜひ参考にしてスッキリしてくださいね!

 

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

Salaryの意味は?

Salaryは月給制の仕事に対して使います。

例えば、

My annual salary is 60,000 dollars.

「私の年収は6万ドルです」

I would like to find a job with a better salary.

「もっと給料のいい仕事を探したい」

というように、

安定している、長期的なお給料

とイメージしてください。

Wagesの意味は?

wageはアルバイトなど時間による給料、

つまり「時給制」という意味を持ちます。

 

hourly wageで「時給」とよく使われます。

短期的な仕事に対する報酬のイメージです。

例文で見てみると、

What is the hourly wage for this job?

「この仕事は時給いくらですか?」

また、

The wage for that job isn’t high.

「その仕事は賃金、高くないね」

というように、

「賃金」というニュアンスを

持つのもいいと思います。

 

payの意味は?

payは最も一般的な単語で、

支払われる報酬に対して使えます。

月給制、時給制どちらの仕事でもOKですよ。

例文を見て見ましょう。

Doctors have very good pay.

「お医者さんの給料はとても良い」

Ken gets paid in cash every day at his job.

「Kenの仕事、日払いで手渡しただって」

このように名詞だけでなく

動詞の受動態でもよく使われます。

 

今までの例文でも少し触れましたが、

salary, wage, payともに

給料、時給などがたくさんもらえるときは

高い(high)、良い(good

 

あまりもらえないときは

低い(low)、乏しい(meager)で表現できますよ。

 

また、誰もがお楽しみの給料日は

payday」というのも覚えておくといいですね!

It’s payday today!

「今日は給料日だ!」

Payday at my company is the 25th of every month.

「私の会社は毎月25日が給料日なの」

というようにお使いくださいね。

まとめ

今日は給料を表す言葉

salary, wage, payについて違いをご紹介しましたがいかがでしたか?

 

salaryは月給、wageは時給、payは両方、など、

少しずつニュアンスが違う点がありましたね。

 

ちょっとした違いがわかることが、

日々の英語の自信につながると思います。

 

ぜひ積極的にコミュニケーションに取り入れてくださいね!

単語の使い分けは重要です。

 

本日紹介した表現の違い以外でも

put onwear、dress

の違いについて

こちらでまとめたので、

ぜひご覧ください。

 

【put on, wear, dressの違い】

「着る」を表す英語の3つの表現put on、wear、dressのニュアンスの違いを例文で解説

 

この記事を読み終わりましたら、

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

友達に追加お願いします!

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 英語で「聞く」「見る」「触れる」を表す11の基本動詞を使いこなそう!

  • 「禁止する」ってネイティブはなんていう? forbid/prohibit/banの違いをマスター

  • 英語で「確認する」を表すmake sure, check, confirm, identify, verifyの5つの違いとは?

  • 【英会話】基本動詞haveの使い方をマスター!イギリス英語の表現を例文で紹介

  • 英語でblue「青」を表す10個の慣用表現のまとめ、英語では「青信号」とは言わない!?

  • sendだけじゃない!?英語で「送る」を表す7つの表現を例文付きで比較・解説