1. TOP
  2. 英会話
  3. 「断る」は英語で?4つの英語表現のニュアンスを例文付きで解説!

「断る」は英語で?4つの英語表現のニュアンスを例文付きで解説!

 2019/10/29 英会話
この記事は約 5 分で読めます。 4,645 Views

皆さんは英語で何かを断る時、

何て言っていますか?

 

「断る」といっても「拒絶」や

「拒否」など日本語でも

ニュアンスが分かれるように、

英語でも様々な表現があります。

 

今回は「断る」の英語表現について

ご紹介したいと思います。

ぜひ参考にして頂き、

意図したことがきちんと伝わる

正しい英語表現を身につけてくださいね!

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

turn down

<turn down>

日常のシーンで使われる口語的な表現です。

He turned down the proposal.

「彼はその提案を断った」

I asked him out, but he turned me down.

「彼をデートに誘ったけど断られちゃった」

など、申し出や人などが

目的語となりますので、

I turned down to do the dishes.

「皿洗いを断った」

とは言わないのでご注意ください。

 

refuse

はっきりと断る時はrefuseを使います。

日本語で言うところの

「拒絶する」「辞退する」などです。

I refused.「私は断った」と自動詞で使え、

I refused the offer.

その申し出を断った」と他動詞でも使える

という点も覚えておいてくださいね。

例文も参考にしてください。

My little brother refuses to eat carrots.

「弟は人参を食べることを拒む」

He refused the job offer.

「彼はその仕事の申し出を断った」

 

reject

rejectは提案や申し出を受け入れないという

「断る」「拒否する」「却下する」という意味です。

rejectの反対語はaccept「受け入れる」なので

そう考えるとニュアンスが掴みやすいかもしれません。

refuseより強く拒否すると考えてください。

例えば、

My boss rejected my proposal in this morning.

「今朝上司は私の提案を却下した」

というように、他にはrequest「依頼」、

offer「オファー」、application「申込書」などが

rejectの目的語になりやすいですよ。

>>>たった4時間で英会話に役立つ英文法をマスターする<<<

 

decline

declineは丁寧に「辞退する」

「断る」という表現です。

例えば、

She declined the invitation.

「彼女はその招待を断った」

というと、丁重にお断りしたのだな

というニュアンスを感じます。

 

 

まとめ

今回は「断る」の英語表現についてご紹介いたしましたが

いかがでしたでしょうか?

もう一度要点を整理すると

 

<turn down>は日常のシーンで使われる

口語的な表現

申し出や人などが目的語となる。

refuseははっきりと断る、

「拒絶する」「辞退する」という表現で

自動詞でも他動詞でも使える。

rejectは提案や申し出を受け入れないという

「断る」「拒否する」「却下する」という表現で

反対語はaccept「受け入れる」、

そして、refuseより断り度合いが強い。

declineは丁寧に「辞退する」「断る」という表現

ということでしたね。

 

これらを比較しながら

ご自身の立場に会う例文を作って親近感を持ち、

楽しく学んでくださいね!

 

本日は「断る」を表す

4つの英語表現の解説を行いましたが、

以下の記事も語彙力や

表現力をつけるためにオススメです。

よろしければご覧ください。

 

■■■「美味しい」を表す12つの英語表現

ワンパターンの表現から卒業!「美味しい」を表す英語12選!

■■■英語で「大変ですね」という5つのおすすめ表現

「大変ですね」 は英語で何ていう? ネイティブによく使われる5つのオススメ表現の意味を例文で解説

■■■英語で「花粉症」を表す表現

「花粉症」は英語で?英会話で使える説明や表現を例文付きで解説!

 

他にも単語のニュアンスの違いを表す

次の記事がオススメです。

この記事を読み終わりましたら、

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

毎日3フレーズ音読して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • チビチビやゴクゴク、ネイティブの使う「飲む」の英語表現を7つ比較!

  • 英語で「意地悪」はどう言う?ネイティブも使う5つの表現を例文付きで紹介!

  • 「尊敬する」気持ちを伝えたい時の英語のフレーズ10選!respectだけしか知らない人、必見!!

  • 【保存版】英語での電話対応にもう悩まない、定番フレーズのまとめ

  • 意外と知らない?!”Do”を使った7つの便利なフレーズ

  • 英語で「ムカつく」って何て言う?ネイティブが使う8つの表現を例文でマスター!