1. TOP
  2. 英会話
  3. 英語で「遊びに行く」はplayじゃない?!正しい表現を例文付きで紹介

英語で「遊びに行く」はplayじゃない?!正しい表現を例文付きで紹介

 2018/02/14 英会話 英単語 海外旅行
この記事は約 4 分で読めます。 2,496 Views

皆さんは出かける時家族に、

「ちょっと遊びに行ってくる~」と言っていませんか?

日本では出かける時は「遊びに行く」、

お招きする時は「遊びにきてね」、

というように、「遊ぶ」はとても広い意味で社交に使われますね!

英語で「遊ぶ」はplayというのが定番に思われますが、

このplayはもっと限定的で、子供が遊ぶときによく使われます。

大人が使うと・・・

ちょっと「エッチなニュアンス」になってしまうので要注意です。

今回は「遊びに行く」はplayじゃない、

ではどう表現するのか例文付きで紹介しますので

ぜひ参考にして下さいね!

 

1日3フレーズの英会話習慣、

>>加藤なおしのメルマガはこちら<<

メールアドレス  必須

 

play

「遊ぶ」と辞書で引くと出てくるplayですが、

冒頭で説明したように子どもがおもちゃなどで遊ぶ時に使う言葉です。

だから、

Daddy, I’m gonna play with Kimmy today.

「パパ、僕今日キミーと遊ぶんだよ」

といった子供の「遊び」だと思って下さい。

もし大人が「週末うちに遊びにおいでよ」というのに、

Why don’t you come and play at my place this weekend?

と言ってしまうと、

大人の「エッチなお遊び」に

誘っていると誤解されちゃいます!

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

go out

お招きする「遊び」、

「週末うちに遊びにおいでよ」ならば

Why don’t you come over to my place this weekend?

とシンプルに表現しましょう。

そして、遊びに出かける時の「遊び」は

こちらもplayではなく

go out「出かける」で表現するのが自然です。

例文を参考にして下さいね!

Shall we go out this evening?

「今夜(遊びに)出かけませんか?」

Let’s go out together!

「一緒に遊びに行こうよ!」

I‘m gonna go out with my friends after our final exam.

「期末試験終わったら友達と遊びに行くの」

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

hang out

少し若い頃を思い出す言葉ですが、

特に何をすると決まっているでもなく、

ブラブラしたり、好きな音楽を聴きながら楽しく話したりと、

そんな状態をhang out と表現します。

例文を見てみましょう。

Where did you hang out last night?

「昨日の夜どこブラついてたの?」

We’re gonna hang out at the shopping mall.

「私たちモールでブラブラするね」

This is the café where I used to hang out with my friend.

「ここが昔友達との溜まり場だったカフェ」

といった感じで使って下さいね!

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

まとめ

今回は大人が「遊びに行く」はplayじゃない、

ではどう表現するのかとご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

play「遊ぶ」と

辞書で引くと出てくるのですが、

子どもがおもちゃなどで遊ぶ時に使う言葉で、

大人が使うとエッチなお遊びに誘っていると誤解される可能性大。

 

「遊びにおいで」はcome over to ~

「遊びに行く」はgo out

「ブラブラ/のんびりする」はhang out

と表現するのが自然ということでしたね!

「遊ぶ」って、日本語ではよく使うのに、

英語だとちょっとだけ使い分けが必要でしたね。

ぜひ積極的に使ってコミュニケーションにお役立て下さいね!

 

また、

英会話初心者の方が

中学英文法を効果的に復習して

4時間で英語が自然と口から話せるようになりたい方は、

こちらの講座もオススメです。

よろしければこちらからご覧ください

 

 

1日3フレーズの英会話習慣、

>>加藤なおしのメルマガはこちら<<

メールアドレス  必須
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 「ドンマイ」は英語でDon’t mind? ネイティブのように「気にしないで」と失敗を励ます表現

  • 中学校では習わなかった“can’t”を使った英語の日常会話フレーズ7選

  • 初心者でも使える、英語で「了解」を表すシチュエーション別フレーズ集

  • 英語で「学ぶ」を意味する英単語のlearn と 熟語のlearn about の違い

  • 「穏やか」を表す4つの英語表現の使い分けを例文でマスター

  • “Be careful”だけではない!「気を付けて」を表す英語ネイティブフレーズ10選!