1. TOP
  2. 英単語
  3. 5分でわかる、「人々」を表す言葉personsとpeopleの違いって?

5分でわかる、「人々」を表す言葉personsとpeopleの違いって?

 2018/10/02 英単語
この記事は約 5 分で読めます。 4,021 Views

英語で「人々」というと、

personspeopleのどちらが思い浮かびますか?

どちらも人々ですが、

日本で英語を勉強中の皆さんの中には、

参考書などの影響が強く

personsはフォーマルで、peopleはインフォーマル」

というニュアンスでお感じの方もいらっしゃるかもしれません。

 

日本人は英会話中、

personsという言葉を使うことが多く感じますが、

実は英語圏ではあまり耳にしないのが現状です。

 

今日はこの2つの単語を使い分けるルールについてご説明します。

是非、参考にしてくださいね。


毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの更新情報を配信■■■

友だち追加

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!

 

よく使われるのはpeople、 あまり使われないpersons

基本的ルールは、

peopleが複数形で、personが単数形です。

そしてさらに、参考書や辞書によく載っている

personspeopleのルールでは

「人々を団体として考える場合」はpeopleが使われるので、

たくさんの人達はmany peopleが正解、many persons ではない。

「人数を知っている場合」はpersonsが使われるので、

10人は、10 persons が正解、10 peopleではない。

と、されています。

 

しかし、このルールを用いる

ネイティブはあまりいないのです。

実際、10人という表現を入れた例文を見て見ましょう。

I would like to make a reservation with that restaurant for 10 people.

「私はそのレストランに10人の予約を入れたい」

There are 10 people in my class.

「私のクラスは10人います」

と、「人数を知っている場合」でも

personsではなくpeopleを使うのが自然なのです。

>>>毎日3フレーズずつの英会話習慣<<<

 

personsはどう使う?

ではpersonsは一体どんな時に使われるのかと気になりますね。

それは、フォーマルな文章

例えば科学の論文や法律に関する文言などで

personsが使われます。

例えば、

used of persons only 「人間のみに使用される」

insured persons 「被保険者」

persons of Japanese descent 「日系人」

The law is no respect of persons. 「法は人を論ぜず」

などを何度か目にしたことがあります。

日常ではニュースで耳にすることが多いかもしれませんね。

 

日常会話で聞き馴染みがあるのは、

missing person(s)行方不明者」や

person(s) of interest参考人、重要人、容疑者

という表現などです。

 

この二つの表現以外ならpersonsは使わず

peopleだけを使った方が良いと言えるくらい、

英語圏ではpersonsはあまり口にしない

と思っていただいていいですよ。

>>>毎日3フレーズずつの英会話習慣<<<

 

まとめ

今回は人々を表す

personspeopleについてご説明しましたが

いかがでしたでしょうか?

 

日常会話ならpeople、

科学や法律の分野の話なら

personsを使うと覚えるだけで

また一つ英語センスが磨かれます。

是非、今後の英語学習にお役立てくださいね!

 

今回は、peoplepersons

の違いでしたが、

「まだ」を表すyetstillの違いも

知っておくと便利です。

こちらもよろしければ、

併せて確認しておきましょう。

 

yetstillの違い】

「まだ」を表す英単語「yet」と「still」の使い方を理解しよう

 


毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの更新情報を配信■■■

友だち追加

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • almostとmostの違い!英語で「ほとんどの」を表す言葉を正しく区別

  • 英語で「ハマる」は何ていう?ネイティブの表現を例文で紹介!

  • 脱・初心者、deliciousだけじゃない?!「美味しい」の英語表現

  • 「誰?」を表すWho are you? 、Who is this?、Who is it?

  • 「年上の」を表すolderとelder

  • この10個だけでOK。英語で「感情」を上手に伝える”It”を使った五感の表現