1. TOP
  2. 海外旅行
  3. Pardonは使わない?スマートに聞き返す英語で聞き返す12フレーズ!

Pardonは使わない?スマートに聞き返す英語で聞き返す12フレーズ!

 2019/11/22 海外旅行
この記事は約 7 分で読めます。 2,642 Views

英語のネイティブスピーカーとの会話、

スピードについていけなかったり

単語が聞き取れなかったりして、

もう一回言って欲しいときってありますよね?

 

そんなとき、どうしますか?

 

中学ではじめて英検を受けとき、

面接対策として英語の先生が

 

「質問が聞き取れなかったら

Pardon?”と言いなさい」

 

と教えてくれました。

 

それ以来、

困ったときの魔法の一言

Pardon? となっています。

 

 

ところが、この表現、

アメリカに留学したときに、

ネイティブスピーカーは

滅多に使わないことを知りました。

 

 

「なんだ、Pardon?

無敵の魔法じゃなかったのか!?」

 

とガッカリしつつも、

別の表現があることを知りました。

 

 

果たして、

一体なんて聞き返せばいいのでしょう?

 

 

今回は、

英語で聞き返す12フレーズをご紹介したいと思います。

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

友達に追加お願いします!

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

一番簡単な聞き返しのフレーズはこれ!!

yusei_onsyanikyou_tp_v

まず、英語が早すぎたり、

周りがうるさかったりして

聞き取れなかったときに

もう一回言ってもらうための

一番基本的なフレーズから

ご紹介しましょう。

 

それは、「すみません」という意味の

Sorry?

または

Excuse me?

です。

語尾を上げながら言うのがポイントですよ!!

 

 

もう一回言ってほしいときのフレーズ

「なんて言ったの?」は

What did you say?ですが

直接的な表現なので、

親しい間柄じゃないと

失礼に聞こえてしまいます。

 

Say that again?

Come again?

どちらも「もう一回言って」

という意味で、

家族や友人などに

使える言い方です。

 

これを丁寧にした言い方も

覚えておくと安心ですね!!

丁寧にするには、

Could you 〜 をつけましょう。

 

Could you say that again?

「もう一回言っていただけますか?」

まずはこれを使うようにしましょうね。

 

また、

「繰り返す」という意味の

repeatを使っても

もちろんオッケーです!

 

Could you repeat that?

「繰り返していただけますか?」

これで、相手に

同じセリフを繰り返してもらえます。

 

相手の話すスピードについていけなくて困ったら

lig_yokukikoenaiyo_tp_v

 

Slowly, please!

「ゆっくりお願い!」

 

と言いましょう。

分かったふりをするより、

ちゃんと理解しようとする姿勢の方が

大事だと聞きます。

 

もし相手が年上だったり

知らない人だったら

 

Could you say that slowly?

「ゆっくり言っていただけますか?」

 

Could you

を使って丁寧にお願いすれば

いいですよ!!

 

相手の言っている速度が

速くて聞き取れない場合は、

普段から話す速度が上げることが

大事です。

 

 

内容が理解できなかったときのフレーズ

saya160312550i9a3361_tp_v-1

 

次に、相手の話した内容が理解できなくて

もう一度聞き返したいときの

表現を見ていきましょう!!

 

まずは、

ダイレクトに相手に意味を尋ねる表現から。

 

What do you mean?

「どういう意味ですか?」

 

でも直球すぎて

場合によっては失礼に聞こえて

しまうかもしれないので、そんな時は・・・

 

I don’t understand.

「理解できていません」

 

を使うと、

相手の表現が難しいのが

問題なのではなく

 

あくまで自分が

「理解できてない」

というニュアンスが

伝えられますね。

 

さらにおすすめの表現は、コチラ!!

 

Sorry, I don’t get it.

「理解できていません」

 

同じく

「理解できていない」

という意味ですが

 

get itのほうが

ネイティブの会話では

よく使われます。

 

 

I don’t get itに比べ、

冒頭のPardon?

間違いではないですが、

ネイティブの間では

意外と使われないようです。

 

もし使うなら、

I beg your pardon?

「もう一度おっしゃってくださいますか」

と、ちゃんと文の形にした方が

ベターです!!

 

まとめ:聞き返しの表現

 

いかがでしたか?

基本的なものから

丁寧なものまで

聞き返しの表現を

色々と見てきましたが、

どれもシンプルで

覚えやすいですよね?

 

これでもう、

外国人との会話で

「聞き取れなかったらどうしよう」

なんて心配する必要もないですね!!

 

話してくれている相手にとっても、

聞き返すのは

全然失礼じゃないんです。

 

それより、

分かってないのに分かったふりをするほうが

よっぽど失礼な

コミュニケーションの態度なのです。

 

こんなことわざもありますよ。

Nothing is lost for asking.

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」

 

英語を教えていて、

本当にそうだと思います。

 

ぜひぜひ

今回の聞き返しフレーズを活用して

英会話をもっともっと楽しんでくださいね!!

 

本日は、

「聞き返しの表現」を

ご紹介しましたが、

こちらも表現の幅を広げるために

オススメです。

よろしければご覧ください。

 

■Howを使った便利な疑問文

How are you? だけじゃない!? 超便利な疑問詞「How」の紹介

 

■教科書に載っていない実践スラングBEST5

海外ドラマや映画にも登場、ネイティブが日常よく使う英語スラングBEST5。

 

■英語の「あいづち」表現

あいづちの「ふ~ん、なるほど」って、簡単な英語でどういうの?

 

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

友達に追加お願いします!

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • あいづちの「ふ~ん、なるほど」って、簡単な英語でどういうの?

  • 英語で「トイレ」は何て言うの?海外旅行や出張先、ホームステイで失礼のない表現を紹介

  • 英語で「朝食のパン」を表すにはbread とtoast どっち!?意味と例文で解説

  • 英語で「嬉しい」はどう表現するの?英単語happy/glad/pleasedの違いを解説!

  • 「時差ボケ」は英語で?英会話で使う「時差」にまつわる表現を例文付きで解説!

  • 「花粉症」は英語で?英会話で使える説明や表現を例文付きで解説!