1. TOP
  2. 英会話
  3. 英語の「聞き直し」表現7選!実はonce moreとは言わないことは知っていましたか?!

英語の「聞き直し」表現7選!実はonce moreとは言わないことは知っていましたか?!

 2019/02/20 英会話 海外旅行
この記事は約 5 分で読めます。 9,518 Views

「何て言いましたか?」

「もう一度言ってください」という表現は英語を勉強している皆さんにとって

命綱と言える必須フレーズではないでしょうか?

 

以前海外で、丁度時間が合ったので

珍しく現地ツアーに参加したことがありました。

日本人観光客の方が多かったのですが、

その中でネイティブのツアーコンダクターに「onece more please.」

と繰り返し聞いている方がいらっしゃいました。

 

「あっ」と思い見守りましたがツアコンさんも慣れている様子で、

楽しくコミュニケーションを取られていて何よりでした。

実は once more.って反復練習をさせられる訓練を思わせる命令言葉なんです。

 

今回はそんなonce moreの解説と、

自然な聞き直しの表現7つをご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

クリックしていただけると嬉しいです!


人気ブログランキング

 


毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

once more

冒頭で触れましたが、once moreは先生や教官が

Once more!

「もう一回!」

Write these letters once more.

「これらの文字をもう一度書きなさい」

というように「命令」として使われることはあります。

反復練習のような場合ですね。Once again.然りです。

だから、日常で聞き取りにくかったことをもう一度言ってもらいたい時に

Once more.

と言ってしまうと、相手はビックリしてしまいます。

 

まだ英語が自由に話せないんだな、

と寛容に構えてられる会話ならまだしも、

「失礼だな」と思われ、相手の気分を損ねかねませんので注意したいですね!

>>英語上達に役立つ3つの無料動画を手に入れる<<

 

聞き直したい時の便利な7フレーズ

Once more, please. で今まで聞き直していた方も、

違う表現を定番に使っている方も、

いくつか便利な聞き直しフレーズを紹介しますので

一緒に見ていきましょう。

 

Sorry? 「ん、何?」

Excuse me? 「ごめん、何?」

この二つは日本語で「あ、ごめん」

くらいのニュアンスで使えます。

この一言で、

「ちょっと聞き取りにくかったのでそこもう一回!」

と相手に瞬時に伝えられるので、

あまり話の腰を曲げることなく、さっともう一度言ってもらえますよ。

発音は語尾上げる感じでバッチリです。

What was that again?  「何て言ったの?」

What did you say? 「何でしたか?」

Please say that again. 「もう一度言っていただけますか?」

Could you repeat that one more time?  「もう一度繰り返してもらえますか?」

Could you say that again? 「もう一度言っていただけますか?」

>>英語上達に役立つ3つの無料動画を手に入れる<<

 

まとめ

今回はonce moreの解説と、

自然な聞き直しの表現7つをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

もう一度要点を整理すると、

once more. は先生や教官によって

反復練習のような場合に「命令」として使われる言葉。

だから、

日常で聞き取りにくかったことをもう一度言ってもらいたい時に

Once more.

と言ってしまうと、

相手は「失礼だな」とビックリしてしまうので使わない。

正しくは

Sorry? 「ん、何て?」

Excuse me? 「ごめん、何?」

What was that again?「何て言ったの?」

What did you say?「何でしたか?」

Please say that again.「もう一度言っていただけますか?」

Could you repeat that one more time?  「もう一度繰り返してもらえますか?」

Could you say that again? 「もう一度言っていただけますか?」

などのフレーズを使う、

ということでしたね!

 

ちなみにPardon?も昔から聞き直しフレーズとしてよく知られていますが、

かしこまった古い表現という印象ですのであまり使わない方が自然だと思います。

ぜひ参考にしていただき、

さらに積極的にコミュニケーションに励んでくださいね!!

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • もうおどおどしない!海外のレストランで使える旅行英語の定番フレーズ集

  • 英語で「懐かしい」はnostalgicじゃおかしいの?ネイティブも使う自然な表現をマスター!

  • 海外で電車に乗ってみよう! 海外旅行で役立つ9フレーズ〜電車の旅編〜

  • 「大変ですね」 は英語で何ていう? ネイティブによく使われる5つのオススメ表現の意味を例文で解説

  • 英語でクレーム対応できますか?接客やビジネスで役立つクレーム対応フレーズ!

  • 英語初心者必見、「すみません」を表すSorryとExcuse meの表現の違いを例文付きで解説