1. TOP
  2. 英単語
  3. 【英語初級者必見】「再来週」や「先々週」を英語でどう言うの?英会話や英作文に役立つフレーズ

【英語初級者必見】「再来週」や「先々週」を英語でどう言うの?英会話や英作文に役立つフレーズ

 2019/11/14 英単語
この記事は約 5 分で読めます。 7,265 Views

中学校などで習ってそうだけれど、

意外と言えない英語の表現として、

「再来週」や「先々週」があります。

 

まず、あなただったら、

「再来週」はどんな英語で

表現しますか?

 

私も最初は、

next next week

だと真剣に思っていましたが、

どうやら違うようです(笑)

 

本日は、

この「再来週」や「先々週」など

スケジュールを表す時に使える表現を

まとめてみたいと思います。

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

毎日3フレーズ音読して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの更新情報を受け取る■■■

友だち追加

 

 

 

LINEでブログの最新記事の

更新情報を受け取ることができます。

>>こちらから登録する<<

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!

 

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

「来週」や「再来週」

まず「来週」を英語にすると、

どうなりますか?

念のためおさらいしておくと、

next weekとなります。

 

では、「再来週」だとどうなりますか?

先の予定を表す副詞句と

一緒にまとめると・・・

 

「明日」はtomorrow

「明後日」は< the day after tomorrow >

「来週」は< next week >

そして

「再来週」は< the week after next >

「再来週の土曜日」は< the Saturday after next >

とそれぞれ言います。

 

この表現を使った

例文をあげておきます。

I’m going to (go to) Kyoto the Saturday after next.

「再来週の土曜日、京都に行きます」

 

「先週」や「先々週」

次に「先週」や「先々週」は

英語でどう表現するのでしょうか?

 

まず「先週」ですが、

last week

そして

「先々週は」

< the week before last >

と言います。

 

他に過去を表すこととして、

「昨日」はyesterday

「一昨日」は< the day before yesterday >

ということも併せて知っておくといいでしょう。

 

では

「先々週の土曜日に京都へ行きました」

を英語にしてみましょう。

 

正解は・・・

 

I went to Kyoto the Saturday before last.

「先々週の土曜日に京都へ行きました」

となります。

 

それぞれ、きちんと

区別して覚えたいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

本日は日本語で

「再来週」や「先々週」

などの表し方を説明しました。

 

もう一度おさらいしておくと、

「来週」は< next week >

「再来週」は< the week after next >

そして、

「再来週の土曜日」は< the Saturday after next >

でしたね。

 

次に「先週」ですが、< last week >

そして「先々週は」

< the week before last >

とそれぞれ表現します。

「先々週の土曜日」は<the Saturday after next >

 

ぜひ何かの参考にしていただければと思います。

 

本日は「来々週」や「先々週」を表す

英語の表現を説明しましたが、

以下の記事も

関連してオススメです。

よろしければご覧ください。

 

■■■海外で全く通じない10の代表的な和製英語

【英語初心者必見】海外で全く通じない10の代表的な和製英語を見直して、英語を上達させましょう!

 

■■■「美味しい」気持ちが伝わる表現

「美味しい」は“delicious”だけじゃない!英語初心者でも「美味しい」気持ちが伝わる表現

 

■■■英語のメタファー(比喩)表現集

英語のメタファー(比喩表現)のまとめ、chickenは弱虫、sheepは従順な人?

 

この記事を読み終わりましたら、

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

毎日3フレーズ音読して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの更新情報を受け取る■■■

友だち追加

 

 

 

LINEでブログの最新記事の

更新情報を受け取ることができます。

>>こちらから登録する<<

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • もう英会話でつまづかない、会話の出だしを飾る単語21選!(前置き、つなぎ言葉)

  • behindとback of の違い!「〜の後ろ」を正しく使い分ける

  • 「着る」を表す英語の3つの表現put on、wear、dressのニュアンスの違いを例文で解説

  • 「確認する」のmake sure, check, confirm, identify, verifyの5つの表現の使い方の違い

  • ネイティブがよく使う-ishの英語表現の意味と例文を徹底解説

  • 「勉強する」は“study”?それとも“learn”?これでもう迷わない!