1. TOP
  2. 英会話
  3. 例文付きで解説、英語で「どうしたの?」のWhat’s the matter?は with youはつける?

例文付きで解説、英語で「どうしたの?」のWhat’s the matter?は with youはつける?

 2018/02/19 英会話 英文法 英単語
この記事は約 5 分で読めます。 2,006 Views

友達の様子がいつもと違うな~と感じて、

「どうしたの?」と英語で聞きたい時、

どのように表現されますか?

一般的に

What’s the matter?

What’s wrong?

がよく使われますが、

What’s the matter with you?

with youがついた表現に耳慣れしている方も多いと思います。

さて、with youをつけるとニュアンスが変わるのかどうかというと、

正解は・・・変わります!!

「どうしたの?」と親身モードではなく、

「どうかしてるの?!」と不機嫌モードに変わるのです。

今回は英語で「どうしたの?」と異変を問う

What’s the matter?などの表現と、

with youがつくと不満のニュアンスを含むという点について解説したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね!

1日3フレーズの英会話習慣、

>>加藤なおしのメルマガはこちら<<

メールアドレス  必須

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

What’s the matter? /What’s wrong?

なんだか元気がないみたい等、いつもと様子が違う理由を聞く時の

「どうしたの?」は、

What’s the matter?

What’s wrong?

が正しい表現で基本的には親身で思いやりを持って使われる場合が多いです。

例えば、

What’s the matter?

「どうしたの?」

I can’t find my room key.

「部屋の鍵が見つからないのよ」

という回答もあれば、

I have a cold.

「風邪ひいていて・・」

という場合もあります。

ただ、大抵は知り合い同士が使う言葉で、

どこか通りすがりに困っている人を見つけてかけるには

ちょっとニュアンスが違います。

例えばベビーカーを持ち上げている女性を見かけて、

Do you need some help?

「お手伝いしましょうか(もうほぼベビーカーに手をかけている勢い)」

または

Do you need any help?

「どうしましたか(助けが必要か確認するまで手は伸ばさない)」

この二つを「お困り具合の加減」を見て使うと便利ですよ。

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

What’s the matter with you?

冒頭でお伝えしたように、

What’s the matter with you?

What’s wrong with you?

with youをつけることによって

「どうしたの?」と優しい感じではなく

「どうしたっていうのよ」という、怒っている、不満を含む英語表現となります。

例えば、

What’s the matter with you?

「なんだっていうのよ」

I didn’t do anything wrong.

「別に悪いこと何にもしてないし」

というような会話ですね。

だから

「一体なんだっていうのよ(おかしいんじゃないの?)」

と思った時はもちろん使って正解ですが、

「どうしたの?」と心配しているのに

with youをつけることによって

ニュアンスが変わり誤解を招くので要注意です。

そして、

with youをつけると不満モードなのですが

これがyou以外ならそれは無くなります。

例えば、

What’s the matter with him?

「彼、どうしたのかな?」

I heard that he broke up with his girlfriend last night.

「昨夜彼女と別れたんだって」

とごく普通に異変を気にする親身なモードですね。

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

まとめ

今回は英語で「どうしたの?」と異変を問う

What’s the matter?などの表現と、

そこにwith youがつくと不満のニュアンスを含むという点について解説しましたが

いかがでしたでしょうか?

 

もう一度要点を

整理すると、

なんだか元気がないな等いつもと様子が違う理由を聞く時の

「どうしたの?」は、

What’s the matter?

What’s wrong?

が正しい表現で

親身で思いやりを持って使われる場合が多い。

そこにwith youをつけて

What’s the matter with you?

What’s wrong with you?

では、

「どうしたっていうのよ」という、

怒っている、不満を含む英語表現となる

(不満モードはwith youだけ)

また、

どこか通りすがりに困っている人を見つけた時は

What’s the matter?

What’s wrong?

ではなく

Do you need some help?

または

Do you need any help?

この二つを「お困り具合の加減」を見て使うと便利

ということでしたね。

うっかり「with you」をつけると

思いやりを持ってかけているつもりが

喧嘩を売っているように勘違いされかねませんので

ご注意くださいね!

 

また、

英会話初心者の方が

中学英文法を効果的に復習して

4時間で英語が自然と口から話せるようになりたい方は、

こちらの講座もオススメです。

よろしければこちらからご覧ください

 

1日3フレーズの英会話習慣、

>>加藤なおしのメルマガはこちら<<

メールアドレス  必須
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 英語初級者でも9分でマスター、現在分詞を優しく解説

  • 初心者にも簡単!ネイティブの英会話表現が身に付く英語フレーズ10選!

  • 「each」と「every」の違いと使い方をマスターしよう!

  • 英会話初心者でも使える、3パターンの英語で自己紹介する方法とは?

  • 【ネイティブ英語】英語では「自然が多い」や「自然が少ない」とは言わない!?

  • 大人が使わないほうがいい子供っぽい5つの英語表現