1. TOP
  2. 英文法
  3. 英語で「学ぶ」を意味する英単語のlearn と英熟語のlearn about の違いを例文付きで解説

英語で「学ぶ」を意味する英単語のlearn と英熟語のlearn about の違いを例文付きで解説

 2019/09/26 英文法
この記事は約 4 分で読めます。 4,533 Views

皆さんは「学ぶ」を表現するとき、

learnという英単語をよく使われていると思いますが、

あまり意識せずlearnの後に「about」をつけていませんか?

 

learn learn about は、どちらも正しい英語ですが、

前置詞「about」をつける場合と、

そうでない場合では意味が違ってきます。

 

今回はこの違いについて例文付きで

ご紹介したいと思います。

どのようなニュアンスの違いがあるか、

ぜひ参考にしていただき、

どちらを使うのが正解かを判断できるようになってくださいね!

スポンサードサーチ

Sponsored Link

learnとlearn aboutの違い

learn話題になっているもの自体を身につけたり、覚えるとき

learn about話題になっているものが何なのかを学ぶときに使います。

では実際に例文で対比させて感覚を掴んでいきましょう。

まずlearnです。

I learnt a trade from my father.

「私は父から商売を学んだ」

父から家業を営むにあたり必要な情報や

技術を教わったというニュアンスです。

これに対して、learn aboutは、、、

I learnt about a trade from my father.

「私は父から商売とは何かを学んだ」

つまり、父から商売についての概念を教わった

というニュアンスになります。

さらに、例文を続けます。

I learnt an English song at school.

「学校である英語の歌を覚えた」

教科書などに載っている歌を覚えたということですが、それに対して、

I learnt about an English song at school.

「学校である英語の歌について勉強した」

では、英語の歌は誰がどんな時代に作曲して、

どのような構成でということを学んだという意味となります。

もう一つ見てみましょう。

I learnt good behavior from my mother.

「母から行儀を学んだ」

では、母から行儀を躾けられたというニュアンスとなりますが、それに対して、

I learnt about good behavior from my mother.

「母から行儀というものについて学んだ」

この例文では、

母から行儀作法とは何なのかということを教えてもらったということになります。

aboutがあるか、ないかでこんなにもニュアンスが

異なってくるのですね。

 

まとめ

今回はlearnlearn aboutの違いについてご紹介いたしましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

もう一度、2つの表現の違いを整理すると・・・

learnは「話題になっているもの自体を身につける、覚える」というときに使い、

learn aboutは「話題になっているものが何なのかを学ぶ

ときに使うということでしたね?

 

少し曖昧に捉えてられた方は、

このように意味の違いを意識していただくことで、

英語の精度がグッとあがります。

今後の英語の勉強にお役立ていただければ嬉しく思います。

 

今回は、「learnとlearn aboutの違い」

を解説しました。

 

他にも英文法の理解に役立つ

表現をまとめたこちらの記事もオススメです。

よろしければご覧ください。

「望む」を表すwishとhope、どう使い分ける?

【英語の表現力アップ】「believe」 と「believe in」の意味と違いを例文付きで解説!

この記事を読み終わりましたら、

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

友達に追加お願いします!

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • ネイティブ感覚の英語表現を比較!「is not」と短縮形「isn’t」の違いは?

  • TOEIC頻出の英文法betweenとamongの使い方!意味や違いをわかりやすく解説

  • becauseだけじゃない!原因や理由を表現するフレーズ6選

  • 英会話でかなり使える英単語getの動詞の使い方8つを例文付きで解説!

  • 英単語「as」の3つの重要な意味とは?asは「イコール」のイメージ

  • 英語初心者でも簡単、基本動詞のget とtakeの違いと使い分けを例文で解説!