1. TOP
  2. 海外旅行
  3. 【英語初心者必見】海外で全く通じない10の代表的な和製英語を見直して、英語を上達させましょう!

【英語初心者必見】海外で全く通じない10の代表的な和製英語を見直して、英語を上達させましょう!

海外旅行 TOEIC
この記事は約 8 分で読めます。 18,582 Views

私たちが普段使っているカタカナ語の中には

英語っぽく聞こえますが、

実は海外では通じない和製英語がたくさんあります。

 

カタカナ語の中でも例えば

manager「管理者」をマネージャーと

カタカナ表記する場合は、

単に外国語を日本語読みに置き換えて

カタカナで表記しているだけなので、

発音を気にするだけで大丈夫です。

 

ところが、

和製英語は英語の単語をもとに

英語らしく作った言葉。

英語に存在しない言葉が多いので

残念ながら英会話で使うことができません。

 

この記事では、意外と知られていない

和製英語の単語を10個紹介しますので

是非英語の学習にお役立て下さい。

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

日常会話に役立つ

英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

>>加藤なおしのメルマガはこちらをクリック<<

 

■■■このブログの更新情報を受け取る■■■

友だち追加

 

 

 

LINEでブログの最新記事の

更新情報を受け取ることができます。

>>こちらから登録する<<

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!


 

サラリーマン


まず、和製英語として有名な

サラリーマン。

Salary manを直訳すると

「賃金男」という意味になってしまい、

海外の方には残念ながら、伝わりません。

 

サラリーマンを英語で言いたい場合、

office worker“もしくは”businessman“と言いましょう。

 

businessmanは「実業家」などの意味もありますが、

広義で「(一般の)会社員」の意味でも使われることがあるので

知っておくといいでしょう。

>>>毎日3フレーズずつ届く英会話習慣<<<

 

アルバイト


先ほどに続いて、仕事関係の和製英語です。

アルバイトは英語ではなくドイツ語に由来する言葉のArbeit

 

「仕事」という基礎的な意味を持っていますが、

英語のworkとは違い、work「労働」という意味以外にも

job「仕事」、task「務め」、duty「責務」などの

ニュアンスを広く含むのがこのArbeitです。

英語ではpart-time jobもしくはtemporary worker

と表現した方が良いでしょう。

 

ちなみに、part-timeの反対はfull-time

カタカナ語で言うところの「フルタイム」の意味とは違い、

非正規雇用に対して、「正規雇用」を示すことが多いので

注意しましょう。

>>>毎日3フレーズずつ届く英会話習慣<<<

 

フリーター

フリーターは会社に縛られず、

まさにフリーに生きているというニュアンスが伝わりそうですが、

海外の方にはフリーターという表現では

残念ながら、伝わりません。

その働き方が規則的ではなく固定的でない働き方から

casual workerと呼ばれることがあります。

勤務時間が不規則で、雇用期間も特に定まっていない上では

「フリー」でもよさそうですが、

「カジュアル」なのですね。

ちなみにcasual worker

日本語の「日雇い労働者」の意味も持ちますので

併せて知っておくといいでしょう。

>>>毎日3フレーズずつ届く英会話習慣<<<

 

ノートパソコン


ノートの小さく、持ち歩けるパソコンという意味ですが、

海外では使いません。海外の方には残念ながら、伝わりません。

ノートパソコンを英語で言いたい場合、

noteではなく「laptop (computer)」と言いましょう。

ちなみにこの「lap」とは、膝のことです。

膝の上でできるパソコンだから「laptop 」です。

こちらの単語はTOEICに頻繁に出てきます。

知っておくといいでしょう。

>>>毎日3フレーズずつ届く英会話習慣<<<

 

コンセント


これは勘違いする人が多い和製英語です。

コンセントと言うと海外の方には

残念ながら、伝わりません。

 

コンセントを英語で言いたい場合、

アメリカ英語の「office 」と言いましょう。

または、イギリス英語の「socket」でもいいです。

なぜコンセントというのかはいくつか説があるのですが、

concentric(plug)が由来とされています。

consent(コンセント)には「一致」や「同意」という

異なった意味なので注意しましょう。

伝えるのに自信がない時には

wall outletというと伝わりやすいでしょう。

>>>毎日3フレーズずつ届く英会話習慣<<<

 

ダンボール


ダンボールは日本語で「段ボール」とも書きますね。

これも海外の方には残念ながら、伝わりません。

 

ダンボールを英語で言いたい場合、

cardboard box」と言いましょう。

語源は「段」になった「ボール紙」だから

ダンボールと言うようになりました。

 

「ボール紙」とは、

藁パルプで作った板紙の事で、

英語で「板」を表す「board」が訛って

「ボール」となったといいます。

>>>毎日3フレーズずつ届く英会話習慣<<<

 

ホッチキス


ホッチキスも外国人に言っても理解してもらえません言葉の一つです。

おそらくホッチキスといったところで、「Hot kiss」と空耳されることでしょう。

こちらはもともと、アメリカのホチキス製造会社のE.H.Hotchkissの製品を

日本の会社が「ホチキス」という商品名で販売したことから由来します。

 

ちょうど、アメリカ英語でティッシュを表す、Kleenexと同じく、

商品名が通称になったのですね。

 

ホッチキスを英語で言いたい場合、「stapler」と言いましょう。

TOEICにたまに登場します。

事務用品を表す英語表現「office supplies

と合わせて忘れないように覚えておきましょう。

>>>毎日3フレーズずつ届く英会話習慣<<<

 

ウインカー

ウインカーも海外の方には

残念ながら、伝わりません。

 

車のウインカーを英語で

表現したい時は

turn signal」と言いましょう。

 

もしくは、「blinker」でも通じます。

blinker」はどちらかというと

ウインカーに近い音なので、

こちらを覚えるといいかもしれませんね。

>>>毎日3フレーズずつ届く英会話習慣<<<

 

ガソリンスタンド

 

ガソリンスタンドも和製英語です。

私も海外に住んでいるときに、

gasoline standと発音をかなり意識して

一生懸命伝えたのですが、

全く通じず途方にくれたものでした。

 

hotdog stand(ホットドッグ店)のように

standは「売る店」なので

gasoline standという具合に

和製英語は生まれたのですが、

 

ガソリンスタンドは

アメリカ英語ではgas 

outletイギリス英語ではpetrol station

とそれぞれ言います。

>>>毎日3フレーズずつ届く英会話習慣<<<

 

キーホルダー

最後に、英語っぽく聞こえる和製英語に

key holder(キーホルダー)」があります。

 

観光地のお土産コーナーでも

よく売っていますね。

 

実はこのkey holderという表現、

「鍵を入れる物」だと思われてしまいます。

 

英語で「キーホルダー」は

key chainkey ringなどと

表すので注意が必要です。

>>>毎日3フレーズずつ届く英会話習慣<<<

 

まとめ

今回は海外で全く通じない

10つの代表的な和製英語を紹介しましたが、

いかがだったでしょうか?

 

知っているものもあったかとは思いますが、

別の言い方なども整理しておくと

より表現力が豊かになりますよ。

 

海外で全く通じない意外な和製英語たくさんありますね。

すでに知っているもの、

知らなかったもの色々あると思いますが、

参考にしていただけたら幸いです。

 

今回は「和製英語」を

ご紹介しましたが、

次の記事もオススメです。

 

なかなか学ぶ機会が少ないスラング

この5つだけ知っておけば大丈夫。

【教科書に載っていない実践スラングBEST5】

これで海外旅行もバッチリ!?ネイティブがよく使う英語スラングBEST5

 

I think soだけでは終わらない。

【英単語soの便利な使い方】

I think soだけではない、英単語soの便利な5つの使い方

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

日常会話に役立つ

英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

>>加藤なおしのメルマガはこちらをクリック<<


 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • これで海外旅行もバッチリ!?ネイティブがよく使う英語スラングBEST5

  • behindとback of の違い!「〜の後ろ」を正しく使い分ける

  • もうCheers!だけではない!?飲み会などお酒の席で定番の英語表現

  • ネイティブのニュアンスはどんな感じ?英語で「案内する」の表現5選!

  • How are you? だけじゃない!? 超便利な疑問詞「How」の紹介

  • 「髪を切ってもらう」をgetやhaveで表すと?「〜してもらう」の2つの使役動詞