1. TOP
  2. 英会話
  3. 喜怒哀楽が一言で伝わる!感嘆文の作り方と“what”と”how”の使い分け!

喜怒哀楽が一言で伝わる!感嘆文の作り方と“what”と”how”の使い分け!

 2017/02/21 英会話
この記事は約 6 分で読めます。 2,076 Views

あなたは英会話で

感動や驚きを伝えたいのに

臨場感をもった表現方法が分からず

十分に気持ちが伝わらない!

という経験はありませんか?

 

日本語でも

「とても美味しい」

と言うのと

 

「これは何て美味しいの!」

と言うのでは

気持ちの伝わり方が全然違いますね。

 

今回は、

喜怒哀楽をストレートに表すのに便利な

what”と”how”を使った表現について

紹介します。

 

>>>その他の表現はこちら<<<

 

感嘆文の3つの基本パターン

 

綺麗な景色をみて

「なんて綺麗なんだ!」

と言ったり

 

映画や演奏を聴いて

なんて素晴らしいの!

と、感動を表したりするとき

なんて~なんだ!」というフレーズを

感嘆文といいます。

 

感嘆文では英語の”what”や”how

を使いますが、

 

基本的な使い方は

以下の3通りです。

 

1.What+名詞!

2.What+名詞+形容詞!

3.How+形容詞!

 

文の最後には必ず感嘆符“”がつくので

覚えておきましょう。

 

これらの基本的な使い方は

とてもシンプルですが、

 

what”と“how”の使い分けに

混乱する方は意外と多いので

注意が必要です。

 

それでは3つのパターンの

使い方について

詳しくみていきましょう。

 

>>>その他の表現はこちら<<<

 

What+名詞!

 

何かアンラッキーなことがおこったとき

日本語では

「何て災難なんだ!」

と感情をだすことがありますよね。

 

災難」という単語

に焦点をあてて

怒りや落ち込んだ気持ちを

強調する表現です。

 

このように驚きや感動の焦点が

名詞である場合には

英語では”what+名詞”を使って

 

What a calamity!

(何て災難なんだ!)

 

といいます。

 

What a score!

(何て幸運!)

 

What a coincidence!

(なんて偶然なんだ!)

 

What a pity!

(なんて可哀想なの!)

 

 

また、この“what+名詞”だけでも

感嘆文として成り立ちますが、

 

より丁寧な表現としては

最後に主語+動詞をくっつけて

 

What a calamity it is!

(これは何という災難だ!)

 

という言い方もできます。

 

>>>その他の表現はこちら<<<

 

What+形容詞+名詞!

先ほどの”what+名詞”が

「なんて~なんだ!」と

訳されるのに対し、

 

今回は

「なんて~な△△なんだ!」

という訳で考えると分かりやすいでしょう。

 

どちらも名詞に

焦点を当てているところは

同じですが、

 

今度は、名詞のもつ「ある特性」に対して

驚きや感動を表すときの表現です。

 

例えば

What a woman!

というと

「何て女だ!」

というニュアンスですが

 

What a beautiful woman!

というと

 

“woman”を修飾する

形容詞”beautiful”が後についているので

「何て綺麗な女性なんだ!」

 

つまり、「女性」の「綺麗である」という

特性に対して感動を表す表現になります。

 

What a lucky day!

(何て幸運な日なんだ!)

What a tight schedule!

(何て忙しい予定なんだ!)

What a nice watch!

(何て素敵な時計なの!)

 

こちらもより状況を詳しく伝えたいときには

主語+動詞を加えて

 

What a nice watch you have!

(あなたは何て素敵な時計を持ってるの!)

と表現することもできます。

 

How+形容詞!

 

これまでにご紹介した

“what”を使った感嘆文は

名詞に焦点をあてている

ということがポイントでした。

 

それに対して

how”は「美味しい」や

「可愛い」などの

形容詞に焦点をあてるとき

の表現です。

 

例えば

「何て美味しいスープなの!」

という場合は

 

「美味しいスープ」

を強調して

 

What a delicious soup!

と言いますが

 

「何て美味しいの!」

と言いたいときには

 

「美味しい」を強調して

how+形容詞”を使って

How delicious!

という言い方をします。

 

How difficult!

(何て難しいんだ!)

 

How spacious!

(何て広いの!)

 

How fast!

(何て速いの!)

 

 

こちらも文末に

主語+動詞をつけることで

より詳しい表現になります。

 

How fast she swims!

(彼女は何て速く泳ぐの!)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

感嘆文を使うことで

ぐっと感情のこもった

英語表現が

できるようになりますね。

 

是非みなさんも

what”と”how”を使いこなして

外国人並みの

大きなジェスチャーで

感動を表してくださいね。

 

また、これらの例文を使って

英語を勉強するコツを

こちらにまとめたので、

よかったらご覧ください。

>>>無料動画を見る<<<

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 「大変ですね」って英語で何ていう? ネイティブによく使われる5つのオススメ表現を比較

  • 【目指せネイティブ英語】「よく知っている」を表すwell/a lot/muchの使い分け

  • 「ここだけの話」と前置きするのに使う英語表現は?8つの表現を比較して解説!

  • 英語で丁寧な「依頼」や「勧誘」を表す Would you~? を使った6つの便利な使い分け方法

  • その英語で大丈夫?直訳すると危険な日常会話

  • How are you? だけじゃない!? 超便利な疑問詞「How」の紹介