1. TOP
  2. 英単語
  3. 英語で「手渡す」の表現、give・hand・passの使い分けを例文付きで解説!

英語で「手渡す」の表現、give・hand・passの使い分けを例文付きで解説!

 2019/05/15 英単語
この記事は約 4 分で読めます。 7,346 Views

皆さんは英語で「手渡す」と聞くと、

どの表現が思いつきますか?

 

「あぁ、あれ弟にあげちゃった」

「名刺をお渡ししたら?」

「ちょっとお塩をとって

もらえます?」

など、物が人から人へと渡る表現は

pass・ hand・ giveが使われるのですが、

今回はこれらの違いについてご紹介したいと思います。

 

ニュアンスの違いがあるものは使い分けないと

幼稚な印象や違和感を与えてしまいますので、

ぜひこの機会にクリアーにマスターしてくださいね!


スポンサードサーチ

Sponsored Link

passの意味

ボールを「パスする」といいますよね。

passには色々意味があるものの、

「手渡す」としては

この「パスする」をイメージしてください。

passのニュアンスは「人から人へ手渡す」、

でもその後もまた誰かに渡る可能性を

含むという感じです。

例文を見てみましょう。

Could you pass me the salt?

「お塩をとってもらえますか?」

vipabcの無料体験レッスンをプレゼント

handの使い方

handのニュアンスは、

passと同じく人から人へ渡りますが、

そこでお終い、という違いがあります。

例文を見てみましょう。

He handed me a ticket at the entrance.

「彼は私に入り口でチケットを渡した」

いかがでしょうか?

チケットの受け渡しは

彼と私の間で完結してしまいますが、

先ほどご紹介した、

Could you pass me the salt?

「お塩をとってもらえますか?」

こちらの例文では

お塩は私が受け取った後も

誰かに回す可能性がありますよね。

そんなニュアンスなんです。


giveの意味

Could you pass me the salt?

ですが、passを「give」にかえると

口語色が強く違和感がある聞こえ方になります。

使い分けがある程度決まっている言葉は

その通りに使った方が自然で

giveのような汎用性の高い言葉に

言い換えてしまうと

少し失礼になってしまうので

気をつけたいですね。

vipabcの無料体験レッスンをプレゼント

 

まとめ

今回は英語で「手渡す」の表現

pass・ hand・ giveのニュアンスの違いについて

ご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

 

もう一度要点を整理すると、

passは 人→人→さらに人に渡る可能性を含む

handは 人→人で完結する

giveは汎用性が高いけれど

passhandを使う方が適している場合に

giveに言い換えると違和感が出るので注意

ということでしたね!

 

これらのニュアンスはかなり感覚が磨かれないと

なかなか掴みにくいのですが、

ネイティブとの会話で聞き手となる際に

注意して養うように心がけましょう。

少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

 

今回は、pass hand giveの違いについて

説明いたしましたが、

汎用性の高い基本動詞giveについて

こちらにまとめてあります。

もしよろしければご覧ください。

 

【基本動詞getをマスター】

英会話でかなり使える英単語getの動詞の使い方8つを例文付きで解説!

英語初心者でも簡単、基本動詞のget とtakeの違いと使い分けを例文で解説!

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

友達に追加お願いします!

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • sendだけじゃない!?英語で「送る」を表す7つの表現を例文付きで比較・解説

  • 英語のメタファー(比喩表現)のまとめ、chickenは弱虫、sheepは従順な人?

  • 「確認する」のmake sure, check, confirm, identify, verifyの5つの表現の使い方の違い

  • 【ネイティブ英語】英語では「自然が多い」や「自然が少ない」とは言わない!?

  • 「美味しい」を英語で表すとdeliciousじゃない?!「美味しい」を表す英会話表現を解説

  • 「引く」「引っ張る」の英語表現は?pull/draw/dragを比較して解説!