1. TOP
  2. 英語勉強法
  3. ヒアリング力アップにオススメ、「ディクテーション」というリスニング勉強法とは?

ヒアリング力アップにオススメ、「ディクテーション」というリスニング勉強法とは?

英語勉強法
この記事は約 6 分で読めます。 1,079 Views

リスニングの勉強方法には

「ディクテーション」は欠かせません。

ただ英語を聞き流しているだけでは

リスニングはなかなか上達しませんね。

 

今日は、リスニング力を鍛えるのに効果的な

「ディクテーション」の方法をご紹介致します。


毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの更新情報を配信■■■

友だち追加

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!

音声教材選び

まず始めに、聞いてみて

なんとなくわかるような

英語の音声教材を探します。

 

よく英語の上級者が

「リスニングには

ドラマや映画が良い」

と言っているので、

楽しそうなこともあって

海外ドラマや洋画を選んで

しまいますね。

 

しかしほとんどの映画は

英語初級者にとっては

スピードも早く、単語も難しい。

 

教材として

選ぶのであれば

最初は、簡単なものを選びましょう。

 

判断基準としては、

だいたい内容が

7割くらいわかるような

教材を選ぶと良いでしょう。

教材選びが終わったら、

次はディクテーションの方法についてです。

>>リスニングの最強教材はこちら<<

 

ディクテーションの方法

dictation「書き取り」の方法ですが

まず、音源を聞きながら、

聞こえたままを書いていきます。

 

この時、単語がわからなければ、

カタカタでもいいので、

聞こえたままを書きとめていきます。

 

自分の頭が認識している

音の塊がどんな感じかを

知ることが大事です。

 

わからなかった単語は、

後で単語のスペルを調べて、

書いてみましょう。

 

聞こえた英語を書き取るには、

集中力がとても入ります。

その分、ちゃんと聞き取ろうとする能力が働きますので、

リスニング力がついてきます。

 

ただ英語を聞き流しているだけですと、

だいたいは聞き取れるようになりますが、

実際には、間違えて理解してしまったり、

実際会話をしようとしても

なかなか英語が出てこないという

負のスパイラルがおきてしまいます。

 

よく1年間くらい語学留学をした人が、

「言っている事は

だいたいわかるようになったけれど、

会話になると話す事ができない」と言っている

日本人はたくさんいますよね。

 

逆に、留学した経験がないのに、

正しく英語を理解できる人がいるのは、

「ディクテーション」をキチンとしたからです。

 

「ディクテーション」は一見すると

時間がかかり大変な作業ですが、

これをやる事により、

飛躍的にリスニング力がつきます。

 

最初は時間もかかるし

難しいと感じますが、

毎日コツコツと「ディクテーション」を続けていけば、

英語力はかなりつきます。

そして会話力にも繋がってきます。

 

まずは、

聞こえきた文章をそのまま書きとめていく訓練をし、

それが正しく書けていたか、

単語や文章をチェックします。

 

この作業繰り返しやっているうちに、

耳から入ってきた英語の音がクリアーに

聞こえてくるようになっていきます。

 

そして、

1文ごとの「ディクテーション」に少し慣れてきたら

「TED」などの無料動画や

大手語学教材会社の人気講座の

「ヒアリングマラソン」などに挑戦してみましょう。

 

日本語TED新着

(TEDの日本語翻訳チームによるブログ)

 

ヒアリングマラソン(アルク)

(アルクによるリスニング通信講座)

 

TEDの使い方

まずは日本語字幕で

「TED x Talks」を見て内容を把握します。

内容が日本語で把握できるまで何回も見てください。

 

そして、内容が把握できたら、

英語のみで見て「ディクテーション」

にチャレンジしてみましょう。

 

最初は早くて聞き取れない部分あるかと思いますが、

1文章ごとにYouTubeを止めながら、

聞こえたままを書きとめていきます。

「ディクテーション」が最後まで終わったら、

答え合わせをします。

英語の字幕ありますので、

字幕を見ながら答え合わせをしてみてください。

 

時間がかかりますが、

英語力を高めるのに効果的です。

諦めずに頑張ってみてください!

 

そして、1年も続けていくと、

今まで聞き取れなかった英語が聞き取れるようになり、

さらには、会話力もつき、

自然と英語が出てくるようになります。

>>リスニングの最強教材はこちら<<

 

「ディクテーション」のまとめ

英語の勉強はコツコツと

続ける事がとても大事ですね。

「継続は力なり」

根気良く「ディクテーション」を続けてみてください。

リスニングは個人差がはっきりする

英語の能力なので、

コツコツと継続して行い、

語彙力を増やすのと

音慣れして行きましょう。

 

私は、アルクという語学教材会社の

ヒアリングマラソンが続けやすくて

良かったです。

何かの参考にしていただければと

思います。

>>リスニングの最強教材はこちら<<


毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの更新情報を配信■■■

友だち追加

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • ネイティブとの英会話上達!やさしい表現でかっこよくキメる4つの秘訣

  • もう留学なんていらない?独学でのSiriを使った英語の発音エクササイズ方法

  • NHK WorldのGRAND SUMO Highlightsで相撲の実況中継を見て英語を勉強しよう

  • 英語のスピーキングとリスニング、難しいのはどっち?

  • 1日5分で英語力アップ!英語日記で心に感じたことを書いて、毎日着実に自己表現力を伸ばそう!

  • 失敗しない幼児英語教育はこれ!親子で楽しく実践できる簡単英会話フレーズ