1. TOP
  2. 英会話
  3. 日常会話に取り入れよう!今すぐ使える!選りすぐりの英語のことわざ11選

日常会話に取り入れよう!今すぐ使える!選りすぐりの英語のことわざ11選

 2018/09/14 英会話
この記事は約 8 分で読めます。 3,694 Views

皆さんは

日本でも有名なことわざ

「郷に入れば郷に従え」は

英語で何と言うか

想像できますか?

実は、英語では

“When in Rome, do as the Romans”

(ローマに行ったらローマ人のように行動しなさい)

と表現されます。

 

では、英語のことわざ

“Two wrongs don’t make a right.”

(直訳:二つの間違いは正解を作らない)

は日本語でどう表現されるでしょう?

実はこのことわざは

「他人が悪いことをしたからといって

自分もそれをして良い訳ではない」

と言う意味の

日本語にはない

英語特有のことわざなのです。

 

どの国にも

先人達の知恵を活かした

ことわざや格言がありますが、

英語の“Proverbs”(ことわざ)も

様々な人生の教訓が凝縮されていて、

その文化や哲学を学ぶことが出来ます。

 

今回は

日本で馴染みのあることわざの英語表現と、

日本語にはない英語のことわざを

ご紹介します。

是非日常会話でとりいれてみて下さいね。


毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの更新情報を配信■■■

友だち追加

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!

 

日本でお馴染みの有名なことわざ

早起きは三文の得

The early bird catches the warm.
(直訳:朝早い鳥は虫を捕まえる)

 

早起きすれば何かと良いことがある

という意味の

日本でもお馴染みのことわざですね。

早寝早起は

言語や文化を問わず

人間の最も自然な行為なのでしょう。

 

隣の芝生は青い

The grass is always greener on the other side of the hill.

(直訳:丘の向こう側の芝生のほうがいつも青い)

他人のものがどうしてか良く見えてしまう

というのは人間の性なのでしょうか。

自分の奥さんより

友人の奥さんの方が器量が良く見えたり、

逆に自分の旦那さんより

友人の旦那さんの方が

頼もしく見えたりしませんか!?

実際にはそうだとは限らないですよ(笑)

 

船頭多くして船山へ上る

Too many cooks spoil the broth.

(直訳:多すぎる料理人はスープを台無しにする)

たくさんの人の意見を聞き入れれば、

賛成があったり反対があったりと

収集がつかなくなる時があります。

コックさんも多すぎると

味について議論が尽きないため、

せっかくのスープが台無しになってしまう

という意味を表しています。

仕事やプロジェクトなどは、

一人か二人の立派なリーダーが先導するのが

一番良い結果を生むのでしょう。

このことわざには、

一人でやった方がむしろ良い場合がある、

と言う意味も含んでいます。

 

あぶく銭は身に付かない/悪銭身につかず

Easy come, easy go.

(直訳:来易いものは行き易い)

元々はお金に関することわざで、

ギャンブルなど簡単に入ってきたお金は

簡単に出ていく、

という意味です。

人は、苦労して得たもの(お金)ほど

大事に使うのでしょう。

 

たで食う虫も好き好き

Beauty is in the eye of the beholder.

(直訳:美は見る人の目の中にある)

美ほど人それぞれの価値観によるものは

ないかもしれません。

一般的な美しい基準はあっても、

やはりそれぞれの美に対する価値は

見る人の意識の中のみに

存在するのだと思います。

好みは人それぞれ!と言うことですね。

 

窮すれば通ず

Necessity is the mother of invention.

(直訳:必要は発明の母)

なんでも必要があれば

そこから発明が生まれる、

という意味のことわざですね。

人は必要に迫られると

想像力をかられたり

工夫して普段思いつかないアイデアが

浮かんだりしますよね。

逆を言えば、

現状に満足している人からは

新しい発明は難しいということかもしれません。

 

人は見かけによらぬもの

You can’t judge a book by its cover.

(直訳:表紙で本の中身を判断することはできない)

外見だけで

人や物を判断してはいけない

という意味のことわざですね。

中には人の良さが外見ににじみ出てる

素敵な人もたくさんいますが、

それでも人や物を評価する上で

見た目や外見が一番大事ではない

ということです。

ベンジャミン・フランクリンも

“men and melons are hard to know.”

(人とメロンは中身が分からない)

と言い残してますね。

 

ただより高いものはない

There’s no such thing as a free lunch.
(直訳:ただの昼食なんてものはない)

このことわざを

実感されている方も

多いのではないでしょうか?

人から何かしてもらったり

頂いたりすると

そのお返しに

お金がかかり、高くつくことって

ありませんか?

こういう習慣も

国や文化を超えて共通するものなのですね。

>>>毎日3フレーズずつの英会話習慣<<<

 

 

すぐ使える英語の定番のことわざ

最良を願い、最悪の事態に備えろ

Hope for the best, but prepare for the worst.

(直訳:最善を願うと共に最悪の事態にも備える)

最善を願いつつ、最悪の事態に備えろ

という意味のことわざです。

直訳のままでも

意味が伝わりますね。

生きる上で常に良い結果を望んだり、

良い事を思い描くことは

素晴らしいことですが、

同時に危機的な事態が訪れた時の対策を

準備しておかないと

大変なことになりかねますね。

 

常にそんな一大事を想定し生きる、

という人生の大事な教訓です。

アメリカの大学で、

外国へ留学するアメリカ人の息子に

母親がこのことわざを伝えていたのを

記憶しています。

人生の先輩(親)から

後輩(子)への大切なメッセージですね。

 

他人の批判はするな

People who live in glass houses should not throw stones.

(直訳:ガラスの家に住んでいる者は石を投げてはいけない)

自分が完璧でないなら

人を批判するべきではない

という意味のことわざです。

人は誰しも弱点があり

間違いを犯すこともありますね。

だから他人の過ちを

むやみに非難するべきではない

という例えです。

 

我が家にまさるところなし

There’s no place like home.

(直訳:自分の家は二つと無い)

結局のところ

この世で自分の家ほどいいところはない、

という意味のことわざです。

オズの魔法使いで

ハリケーンで家ごと

オズの国へ飛ばされたドロシーが、

靴のかかとをぶつけ合いながら

この言葉を唱えていましたね。

海外旅行も良し

冒険も良し

でもやっぱり我が家が一番だわ!

ということです。

みなさんはどうでしょうか?

>>>毎日3フレーズずつの英会話習慣<<<

 

まとめ

いかがでしたか?

言葉や文化を越えて

人として共通する価値観や教訓が見られたり

はたまたその文化特有の教えがあったりして

楽しんで頂けたのではないでしょうか?

ことわざには

覚えるだけで文化の理解が深まったり

会話の幅も広がったりするメリットが

たくさんありますね。

是非今回ご紹介したことわざを交えて

日常会話を楽しんでみて下さい。

 

本日は英語のことわざを紹介しましたが、

こちらも英語の表現力をつけるために

オススメです。

併せてご覧ください。

直訳英語になってない?失言や誤解を招く要注意フレーズ6選

 


毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの更新情報を配信■■■

友だち追加

※スマホやタブレットから

友達に追加お願いします!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 【平昌五輪】英語で「尻もちをつく」は何ていうの?hipとbottomの違いを解説!

  • WhatかHowで始める「興奮」や「驚き」を表す二つの感嘆文の違いを徹底解説

  • 大人が使わないほうがいい子供っぽい5つの英語表現

  • 「UK」の略語に隠された秘密とは?「イギリス」の英語表記を徹底解説!

  • 「テンション高い」はhigh-tensionではない?!英語で気分の高揚を表す表現

  • 実はonce more.って言わない?!正しい「聞き直し」の表現8選!