1. TOP
  2. 英文法
  3. ネイティブが日常会話でよく使う、助動詞「could」の7つの表現方法を徹底解説!

ネイティブが日常会話でよく使う、助動詞「could」の7つの表現方法を徹底解説!

 2018/08/08 英文法
この記事は約 9 分で読めます。 3,093 Views

「could」と聞くと、

中学校の英語でそう習ったので

「can」の過去形?

と、そう思いますよね。

 

実は、このcouldには

英会話ではいろいろな

ニュアンスを含むので

とっても便利なのです。

 

今回は、

ネイティブも日常会話で使う

助動詞「could」の

7つの表現方法について

1つ1つじっくりと紹介していきます。

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する



■■■このブログの更新情報を配信■■■

友だち追加

(スマホやタブレットから追加できます)  

1.過去形の「could

1つ目の意味として

「昔は~できた」

を表す使い方があります。

 

I could play the piano when I was young.

「私は若いころ、ピアノを弾くことができた」

過去に(継続して)能力としてできたこと

を言う時に使う「could」です

 

どのような時に

過去形の「could」が使えるか

見てみましょう。

 

「今日あなたに会うことができた」

は英語でなんといいますか?

 

実は、この場合は

couldは使わず次のように言います。

 

I was able to meet you today.

「今日あなたに会うことができた」

 

そう、< be able to > (~することができる)を使うんですね。

なので「can=be able to」と覚えてしまうと、

ニュアンスが違ってしまうことがわかるでしょう。

 

それでは、「can」の過去形として

「could」が使える場合はどんな時でしょうか?

 

I think I can meet you today.

「今日会えると思う」

 

これを過去形にしてみましょう。

 

I thought I could meet you today.

「今日会えると思った」

 

となりますね。

 

このように「think」と「can」の両方を

過去形にします。

これを「時制の一致」と言いましたね!

 

基本的に「時制の一致」の時以外は、

過去形の場合、「〜できる」は

< be able to >を使うのが無難と言えます。

 【日本人が英語が話せない根本的な問題を解決!】

 

2.仮定を表す「could」

「もし~だったら~できるのに」

を表すcould、

If I were[was] rich, I could live in a bigger house.

「もし私がお金持ちだったら、もっと大きな家に住めるのに」

高校で習う、仮定法過去形という形ですが

実際にはできていないが、~だったらなぁ

と仮定する表現。現実との距離感を出すために

現在の内容であっても

動詞や助動詞を過去形にしているのがポイントです。

これを「仮定法」と言います。

 【日本人が英語が話せない根本的な問題を解決!】

 

3.後悔を表す「could」

< could + have ・過去分詞 >の形で

「~だっただろう」「~だったかもしれない」

を表します。

 

I could have been wrong.

「私が間違っていたのかもしれない」

 

It could have been better.

「もっとよくできたのに(もっとよくできただろう)」

 

助動詞couldの後は普通、

「動詞の原形」が続くのですが、

過去の事実とは異なることを表すために

<have・過去分詞>にしています。

そうすることで

過去に対する後悔」を表すのです。

 

次のように使うこともできます。

 

I could have cried.

「私は泣きたかった(泣けたのに)」

 

I could have danced.

「私は踊りたかった(踊れたのに)」

 

<could + have・過去分詞>

はなかなか使うのが難しいかもしれませんが、

間違ってもいいので

とにかくたくさん使ってみて、

感覚をつかんでいきましょう。

 【日本人が英語が話せない根本的な問題を解決!】

 

4.願望を表す「could」

「~できたらいいのに」

と願望を表すcould

I wish I could be there with you.

「あなたと一緒にいれたらいいのに」

 

遠距離恋愛で離れている恋人に

よく使いますね!

<I wish I could~>

「できたらいいのに」

はいろいろな場面で使える表現なので

「~」のところに

ほかの言葉を入れて使ってみましょう。

 【日本人が英語が話せない根本的な問題を解決!】

 

5.お願いをする「could」

「~できますでしょうか?」と

お願いするcould

 

Could you say that again?

「もう一度言っていただけますか?」

 

Could you do me a favor?

「お願いしたいことがあるのですが」

 

これはお決まりのフレーズですね!

このまま覚えましょう。

 【日本人が英語が話せない根本的な問題を解決!】

 

6.可能性の「could」

「~かもしれない」という

可能性を表すcould

 

She could come to the party.

「彼女はパーティに来るかもしれない」

 

可能性はあるが、

本当のところはわからないという時に使います。

 【日本人が英語が話せない根本的な問題を解決!】

 

7.~のはずがない「couldn’t」(couldの過去形)

It couldn’t be better.

「最高だ!」

文字通りの意味は

「今よりもいいことがあるはずがない」

つまり「最高!」ってことですね。

 

How are you?

の返答でネイティブに

It couldn’t be betterと使われて

意味の解釈に

困っている人をよく見かけます。

 

もう1つ例文を見てみましょう。

I couldn’t care less.

「どうでもいいよ」

「これより注意できるはずがない」

という直訳から派生して

気にしない=どうでもいい

となります。

 

このフレーズも

ネイティブはよく使うので

知っておくといいでしょう。

 【日本人が英語が話せない根本的な問題を解決!】

 

まとめ

本日は「could」の

7つの表現方法について

説明しましたが、いかがでしたか?

 

お決まりのフレーズを

もう一度まとめると、

 

1.過去形

I could play the piano when I was young.

「私は若いころ、ピアノを弾くことができた」

 

2.仮定を表す

If I were rich, I could live in a bigger house.

「もし私がお金持ちだったら、もっと大きな家に住めるのに」

 

3.後悔を表す

I could have been wrong.

「私が間違っていたのかもしれない」

 

4.願望を表す

I wish I could be there with you.

「あなたと一緒にいれたらいいのに」

 

5.お願いする

Could you say that again?

「もう一度言って頂けますか?」

 

6.可能性

She could come to the party.

「彼女はパーティに来るかもしれない」

 

7.~のはずがない

It couldn’t be better.

「最高だ」

 

という7つの表現でしたね。

英会話で「could」の用法を

きちんと使い分けられるようになれば、

ネイティブっぽく話せます。

 

お決まりのフレーズは声に出して、

音読をして自然と口から出るように

暗記してしまいましょう。

 

今回はcouldの表現方法の違いを

解説しましたが、

表現力をつけるには

こちらの記事もおすすめです。

併せてご覧ください。

 

■canとbe able toの違いは?

あなたは分かる?!canとbe able toの違いと使い分け! 「~できる」の英語表現をマスターしよう!

 

■willとbe going toの違いは?

英会話初心者必見!willとbe going to のニュアンスの違いと使い分け! 

 

毎日3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する



■■■このブログの更新情報を配信■■■

友だち追加

(スマホやタブレットから追加できます) 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • あなたは分かる?!canとbe able toの違いと使い分け! 「~できる」の英語表現をマスターしよう!

  • 【ネイティブ英語】英語で「このカバン、買ってからもう10年経つ」はなんと言う?

  • 「焦る」は英語でどういうの?ネイティブの表現をニュアンス別に紹介

  • How are you? だけじゃない!? 超便利な疑問詞「How」の紹介

  • 「ごめんなさい、ちょっと遅れます!」英語で「遅刻」の表現!

  • 「髪を切ってもらう」をgetやhaveで表すと?「〜してもらう」の2つの使役動詞