1. TOP
  2. 英単語
  3. chooseだけじゃない!?英語で「選ぶ」の表現を5つ紹介

chooseだけじゃない!?英語で「選ぶ」の表現を5つ紹介

 2018/06/18 英単語
この記事は約 6 分で読めます。 1,282 Views

英語を勉強中の皆さんは

「選ぶ」の表現はchooseもしくは

selectを思いつかれるのではないでしょうか?

chooseは汎用性が高く、間違いない表現ですが、

少し選択を広げることで

英語力がぐっとネイティブのように

ブラッシュアップされます。

今回はそんな英語で「選ぶ」の表現を

5つ紹介したいと思いますので、

ぜひ参考にしてくださいね!

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

>>加藤なおしのメルマガはこちらをクリック<<


 

choose

冒頭で申し上げた通り広く使える

chooseは便利な表現です。

これは選択肢が多い中から「選ぶ」ときに使います。

例えばカタログギフトのように、

この中から選んでね

という時に使うのは間違いではないものの、

もっと縛りのない中から

「選ぶ」と考えてください。

例文も参考にしてくださいね。

 

I had to choose from among many.

「多くの中から選ばなければならなかった」

Could you choose some other day?

「他の日にしてもらえますか?(他の日を選んでください)」

>>>たった4時間で英会話に役立つ英文法をマスターする<<<

 

select

chooseに対して

選択肢がある時に使うのがselectです。

「このパッケージでは

オプショナルツアーはこの5つから選べるよ」

といった時にchooseより

selectの方がしっくりきます。

選択肢が限定的かつ慎重に選ぶ、

という場合なんですね。

慎重というとベストを選択、

そしてベストを選択というと時間をかける、

という位置づけでselectを捉えてください。

chooseよりも

フォーマルなのも感じていただけますね。

I selected an interesting font for this invitation card.

「この招待状には面白いフォントを選んだ」

という例文のように、selectを使うことによって、

決まった中から少し慎重に

ベストを選んだというのが伝わります。

>>>たった4時間で英会話に役立つ英文法をマスターする<<<

 

elect

electselect似てますね!

同じように使われる時もあります。

でもelectは「選挙」の

イメージで覚えてください。

例えば、

There was a meeting to elect a new bank executive held.

「新しい銀行の役員選出選挙が行われた」

というように人を選出する、

選挙で使われることが多いです。

>>>たった4時間で英会話に役立つ英文法をマスターする<<<

 

pick

chooseより

カジュアルに使われるのはpickです。

気軽にパッと選んじゃう、

そんな時ですね。

You can pick one card from here.

「ここから一枚のカードを選んでね」

と、ゲームで使うようなカジュアルさです。

>>>たった4時間で英会話に役立つ英文法をマスターする<<<

 

prefer

preferは選択肢が2つくらいあって

自分の好みに合わせて選ぶ時に使います。

例えば

Which do you prefer, rice or bread?

「ご飯とパンとどちらがいいですか?」

I prefer egg boiled.

「卵は茹でた方が好きです」

ということは、

ゆで卵を選択しているということとなります。

おそらく焼くのか茹でるかの

2、3の選択肢が伺えますね。

また、<prefer A to B>「BよりAが好き」

と参考書で覚えた方多いと思います。

まさにこれで、「2つから好みを選ぶ」です。

今日家にいる?出かける?という問いに

I prefer playing outdoors to watching TV.

「テレビを見るより外で遊びたい」

と答えることがある、

これも選んでいるわけですね。

>>>たった4時間で英会話に役立つ英文法をマスターする<<<

 

まとめ

今回は英語で「選ぶ」の表現を

5つ紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

もう一度要点を整理すると、

chooseは汎用性が高く

これは縛りのないたくさんの選択肢から「選ぶ」ときに使う。

selectは選択肢が限定的かつ慎重に選ぶ場合に使う。

chooseよりもフォーマル

electは「選挙」の時に使う

pick

気軽にパッと選んじゃう時

prefer<prefer A to B>「BよりAが好き」というように

選択肢が2つあって自分の好みに合わせて選ぶ時に使う

ということでしたね。

日常の些細なことから人生を左右することまで、

日々選択の連続ですから、

きっと役に立つ知識だと思います、

ぜひ参考にしていただければ嬉しく思います。

 

本日は「選ぶ」を表す

5つの英単語の解説を行いましたが、

以下の記事も語彙力や

表現力をつけるためにオススメです。

よろしければご覧ください。

 

■■■「穏やか」を表す4つの英語表現

「穏やか」を表す4つの英語表現の使い分けを例文でマスター

■■■英単語の覚え方

英語初心者にも楽しい英単語の覚え方!効率的な6つのコツ

■■■「面白い」を表す12の表現

「面白い」はfunny?interesting?「面白い」ときに使える12の英語表現!!

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

旬な英会話フレーズを3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

>>加藤なおしのメルマガはこちらをクリック<<


この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 3つの基本動詞“do” “say” “see”で攻略、英語の簡単な表現

  • 所要時間「どれくらいかかる?」を表す、英会話初級者にオススメ6フレーズを紹介!

  • tell a lieじゃダメ?英語で「嘘をつく」の表現

  • 「勉強する」は“study”?それとも“learn”?これでもう迷わない!

  • 仕事で役立つ!スケジュール調整に便利なビジネス英語フレーズ14選!

  • 英語初心者必見、「すみません」の英語表現をマスター