1. TOP
  2. 英会話
  3. 英語で「確かめる」はcheckだけじゃない!?5通りの表現のニュアンスを例文付きでマスター!

英語で「確かめる」はcheckだけじゃない!?5通りの表現のニュアンスを例文付きでマスター!

英会話 英単語
この記事は約 6 分で読めます。 2,819 Views

「確かめておいて」

「チェックして」と確認することを

英語でcheck以外に思いつきますか?

 

確かにcheckは英語でも日本語でも

同じニュアンスで使える便利な言葉ですが、

ネイティブはその確かめ具合で

いくつかの言葉を使い分けています。

 

日本語でも「チェックする」より

「確証する」と、同じ「確かめる」

でもニュアンスの違いはありますよね!

 

今回はそんな「確かめる」の英語表現を

5通り解説したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

毎日3フレーズ音読して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

check

checkは点検するという意味で、

日本語で使っている「チェック」のニュアンスと

英語も同じと考えてオッケーです。

 

後に説明する他の表現との違いは

「瞬時に確認する」というのがポイントです。

 

例えば、

I check the mail box whenever I get home.

「うちに着いたらいつでも郵便物をチェックします」

 

というと、郵便物を念入りに確認するというよりは、

さっと来ているものを取ってチェックする、というニュアンスです。

また、

My mother checks the weather before she goes out.

「お母さんは出かける前に天気を確かめます」

というように、

天気予報、窓の外を見る、携帯のアプリを使う、と手段に関わらず、

さらっと「確かめる」時にcheckを使います。

 

make sure

make surecheckよりも確実にする、

本当かどうか確かめるニュアンスが強くなります。

例えば、

Please make sure you read the notice before you operate the machine.

「その装置を作動する前に必ず注意書を読んでください」

と、checkとは言わず

make sureを使うことで

「慎重に!」のニュアンスが加えられますので、

「お、ちゃんと読まないといけないな」

と相手は感じます。

 

また、

Make sure you wear your hat to prevent of heat stroke.

「熱中症を防ぐために帽子かぶってね」

と聞くと、ちゃんと今日の天気をわかっていて

注意してくれているんだなと感じることができます。

 

verify

verifyは正しいことを確認する、

照合するという意味で使われます。

check <make sure< verifyと、

慎重さが増して来ています。

例文を見てみましょう。

My boss verified that the details of the agreement.

「上司は契約の詳細を確認した」

 

 

confirm

confirmは間違いがないと念を入れる時に使います。

例えば、

You should confirm your reservation of the hotel.

「ホテルの予約を(念のため)確認しておくべきだよ」

と、すでに入れている予約を

念入りに確認というニュアンスです。

名詞形であるconfirmationもよく使われ、

例えば上記のシチュエーションだと

Could you give me a confirmation of my reservation?

「予約確認書をいただけますか?」

とホテルに一報する、

という流れで覚えておいてくださいね。

 

 

identify

identifyの持つ

「確かめる」のニュアンスは

なかなかに厳しいです。

突き止める、

正体を明らかにするという意味で、

情報が必要になってきます。

例えば、

The immigration bureau identified the tourists by their passports.

「移民局は旅行客をパスポートで確認する」

と、おなじみの空港での場面とセットで

覚えてしまいましょう!

 

まとめ

今回は「確かめる」の英語表現を

5通り解説いたしましたがいかがでしたでしょうか?

もう一度要点を整理すると、

checkは点検するという意味で、

 

日本語で使っている「チェック」のニュアンスと英語も同じと考える

「瞬時に確認する」というのがポイントの「確かめる」

 

make surecheckよりも確実にする、

本当かどうか確かめるニュアンスが強い「確かめる」

verify は正しいことを確認する、照合する場合の「確かめる」

checkmake sureverifyと、慎重さが増す

confirmは間違いがないと念を入れる場合の「確かめる」

名詞形であるconfirmationもよく使われる

identifyは突き止める、

正体を明らかにするという意味で、

情報を元に「確かめる」

ということでしたね!

 

日本語でも使い分けているように

英語でも使い分けられると素敵です。

ぜひ今回の記事を参考に

「確認する」のニュアンスを掴んで、

ネイティブのような英語力を目指してくださいね!

 

本日は「確認する」を表す

英語の表現を5つお伝えしました。

他にも「よろしく」を表す表現も

もしよろしかったらご覧ください。

英語で頼みごとや挨拶の「よろしく」はどう表す?ネイティブの伝え方を例文付きで紹介

 

この記事を読み終わりましたら、

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

毎日3フレーズ音読して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • WhatかHowで始める「興奮」や「驚き」を表す二つの感嘆文の違いを徹底解説

  • 小学生が家庭で気軽に英語が学べる! 子供向けのおすすめ英語教材6選!

  • 「美味しい」を英語で表すとdeliciousじゃない?!「美味しい」を表す英会話表現を解説

  • 「気分が悪い」は英語で?ネイティブが使う表現を例文付きで解説!

  • How are you? だけじゃない!? 超便利な疑問詞「How」の紹介

  • 「応援」を英語でするには?例文付きで解説、自分の気持ちを伝える英語フレーズ