1. TOP
  2. 英文法
  3. 【中学英文法の復習】現在完了形を使って「このカバン、買ってからもう10年経つ」は英語でなんと言う?

【中学英文法の復習】現在完了形を使って「このカバン、買ってからもう10年経つ」は英語でなんと言う?

英文法
この記事は約 5 分で読めます。 4,012 Views

 

「このカバン、買ってからもう10年経つ」と言う場合、

あなたはどんな英語を思いつくでしょうか?

 

本日は、

この「〜して経過する」の表現に対応する

英語をネイティブたちはどう考えるか

解説したいと思います。

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

毎日3フレーズ音読して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

スポンサードサーチ

Sponsored Link

硬い表現で・・・

「このカバン、買ってからもう10年経つ」を直訳すると

It’s been 10 years since I bought this bag.

などとしてしまう人が多いですね。

 

おそらく、高校などで習った

「〜してから・・・が経過した」を表す構文

It’s been … years since 〜

をそのまま当てはめるからだと思います。

 

しかし、大学入試は

論文を読解したり発表することが

できるかどうかの適性をみる試験なので

このような文語的な「お堅い」表現を

好むという訳なのです。

 

実際、これを使うと

非常にbookish「硬ぐるしい」印象を

ネイティブは持つでしょう。

ではどう表現したらいいのでしょうか?

 

ネイティブのoldの使い方

それではネイティブなら

「このカバン、買ってからもう10年経つ」と

表現する場合、どう言うでしょうか?

 

It’s been 10 years since I bought this bag.

ではなく、

「このカバン、10歳なんだ」

という使い方をします。

英語の<~ years old>は適用範囲がとても広く、

なんと人間以外にも使えるのです

 

従って、

「このカバン、買ってからもう10年経つ」を

<~ years old>を使って表現する時、

ネイティブは次のように言います。

This bag is already 10 years old.

「このカバン、買ってからもう10年経つ」

人でもモノでも年齢を答えるような

気楽な感じで表現できることは

おそらく学校で習わなかったことでしょう。

 

次の文章も<~ years old>を使って説明できます。

「大阪城は築城されて400年ほどになる」

Osaka castle is almost 400 years old.

こんなに気軽に表現できるなんて、

面白いですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

本日は日本語で

「このカバン、買ってからもう10年経つ」」

を表す時に、ネイティブは

<~ years old>を使うことを解説しました。

 

「このカバン、買ってからもう10年経つ」は

It’s been 10 years since I bought this bag.

ではなく。

<~ years old>を使って

This bag is already 10 years old.

とするのでしたね。

 

<~years old>と聞くと

ついつい人の年齢の表現と思いがちですが、

人以外にも使えるのですね。

ぜひ何かの参考にしていただければ

と思います。

 

本日は「〜してから・・・が経過した」を表す文で

<~years old>を使った現在完了形の文の解説を行いましたが、

以下の記事も関連してオススメです。

よろしければご覧ください。

 

<基本動詞makeの使い方>

ネイティブみたいに使いこなそう、基本動詞 “make”の使い方

 

<英語で「了解」を表すフレーズ>

初心者でも使える、英語で「了解」を表すシチュエーション別フレーズ集

 

<基本動詞getの使い方>

「髪を切ってもらう」をgetやhaveで表すと?「〜してもらう」の2つの使役動詞

 

この記事を読み終わりましたら、

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

毎日3フレーズ音読して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 中学英語で英会話、英語で「未来」を表す方法!willとbe going toの違い!

  • 【中学英文法の復習】「each」と「every」の違いと使い方を例文付きで解説!

  • 8分でわかる、文の構成要素を理解する英語の品詞10個を徹底解説!

  • 【基礎からやり直し英文法】英語の「頻度を表す副詞」7つの使い方を徹底解説。

  • 英語のメタファー(比喩表現)のまとめ、chickenは弱虫、sheepは従順な人?

  • 大きいを表すlarge、big、hugeなどの7つの単語のニュアンスの違いを例文で解説!