1. TOP
  2. 英会話
  3. 英語で「お邪魔します」は?訪問の挨拶や迷惑を詫びる英会話の表現10フレーズ

英語で「お邪魔します」は?訪問の挨拶や迷惑を詫びる英会話の表現10フレーズ

 2019/07/18 英会話
この記事は約 6 分で読めます。 7,809 Views

日本語の「お邪魔します」と聞くと、

皆さんはどんなシチュエーションを想像されますか?

 

大きく分けて2つの場合が考えられます。

お家に伺う挨拶の「お邪魔します」と

相手が何かしている時(会話中やメール中など)

に割って入る時です。

 

この「お邪魔します」というのは

実は特に「これ」といった表現がないのですが

皆さん絶対言いたくなりますよね!?

 

今回はこの2つのシチュエーションを元にして

「お邪魔します」についてご紹介していきたいと思います。

 

ぜひ参考にしていただき、

日本語「お邪魔します」を

英語にサッと変換できるようになりましょう!

スポンサードサーチ

Sponsored Link

お宅に「お邪魔」

お邪魔します

行ったことのある家ならあまりかしこまらずに、

Hi, how are you doing?

「こんにちは~!元気?」

という程度でいいと思います。

 

もし伺うのが初めてのお宅なら、

Thank you for having us.

「私たちをお招きいただきありがとう。」

と一言言いながら、

自己紹介などの会話の流れになります。

 

もう少し改まった言い方なら、

Thank you for inviting me.

「ご招待いただきありがとうございます」

という感じです。

会話や行為の「お邪魔」

お邪魔します

では突然伺った時や、

「ちょっといいですか?」

と会話や行為の邪魔をする時も

「お邪魔します」と言いますね。

そんな場合は

interrupt

disturb

bother

などの動詞がよく使われます。

 

ほんの少しずつニュアンスが違いますので

1つ1つ一緒に見ていきましょう。

 

1. interrupt

I am sorry to interrupt you.

「すみません、お邪魔します」

中断するというニュアンスがあるinterruptを用いて、

会話を邪魔してしまう時によく使われます。

 

2. disturb

I am sorry to disturb you.

「すみません、お邪魔します」

妨害するというニュアンスがあるdisturbを用いて、

相手が読書中や、メール中に「ちょっといいですか?」

とお邪魔してしまう時に使われます。

とはいえ、会話を遮る時にも

使われないこともありません。

 

3. bother

I am sorry to bother you.

「すみません、お邪魔します」

悩ませるという意味から、

interruptやdisturbと同じように

この「お邪魔します」で使えますが、

日米どちらかというと

イギリスでよく使われているフレーズです。

 

ここまで

I am sorry to interrupt you.

とそれぞれto+原型での表現を用いましたが、

I am sorry for interrupting you.

I am sorry for disturbing you.

I am sorry for bothering you.

と、< for+~ing >でも同じ意味でよく使われますよ。

 

4. I hope I’m not disturbing you.

I hopeをつけて、

I hope I’m not disturbing you.

「お邪魔でなければいいのですが」

という表現もよく耳にします。

 

5. I know that you are very busy, but ~

「忙しいのは承知してますが」

という表現を使って、例えば

I know that you are very busy, but I need your signature here.

「お忙しいところすみませんが、こちらにサインが必要なのです。」

という表現も一緒に覚えておいてくださいね。

まとめ

今回は日本語の「お邪魔します」を

英語でどのように言うのかを

ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?


もう一度、要点を整理すると

「お宅にお邪魔」する場合、

初めてのお宅なら、

Thank you for having us. 「私たちをお招きいただきありがとう。」

もう少し丁寧には、

Thank you for inviting me. 「ご招待いただきありがとうございます」

と表現する。

「会話や行為のお邪魔」の場合、

会話ならinterrupt

行為ならdisturb

イギリス英語よりならbotherがよく使われ

I am sorry to interrupt you.

I am sorry to disturb you.

I am sorry to bother you.

for ~ingに変えて、

I am sorry for interrupting you.

I am sorry for disturbing you.

I am sorry for bothering you.

でも同じ「すみません、お邪魔します」の意味でよく使われる。

また、

I hope I’m not disturbing you. 「お邪魔でなければいいのですが。」

という表現や

I know that you are very busy, but ~「お忙しいところ申し訳ありませんが~」

という言い方でも「お邪魔します」

と伝えることができるということでしたね。

 

「お邪魔します」という

言葉そのものは英語にないものの、

 

その同じ意味のこれらの表現はよく使うので、

知っておくと安心ですね。

 

ぜひこの「お邪魔します」

という相手を気遣う

ワンクッションの言葉を使えるように

練習してくださいね!

 

この記事を読み終わりましたら、

こちらをクリックしていただける

と励みになります!


人気ブログランキング

 

毎日たった3フレーズずつの英会話習慣

実践的な英会話フレーズを

3つずつ毎日練習して

楽しく英語表現を習得しましょう!

■加藤なおしのメルマガに登録する

 

■■■このブログの最新更新情報を配信■■■

友だち追加

>>スマホやタブレットから登録<<

友達に追加お願いします!

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

楽しく学ぶ英語表現の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しく学ぶ英語表現の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

加藤 なおし

加藤 なおし

高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」
と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、
多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、
大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで
英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、
英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、
なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている

関連記事

  • 英語のメタファー(比喩表現)のまとめ、chickenは弱虫、sheepは従順な人?

  • 中学英語では習わない“can’t”を使った英語の日常会話フレーズ7選

  • How are you? だけじゃない!? 超便利な疑問詞「How」の紹介

  • 英会話初級者にオススメ6フレーズを紹介! 所要時間「どれくらいかかる?」は英語で?

  • 「Long time, no see」は中国語!? 英語で「久しぶり!」のフレーズは?

  • 外国人との飲み会などお酒の席で使う英語の定番スラング表現11選、例文付きで解説